Date
Title

「ゴマサバの滝登り」ツアー 8月編

 さて、始まりました。全国14カ所を回る、HARCO Solo Tour 2015「ゴマサバの滝登り」。縁起のいいタイトルを付けたので、駆けつけてもらえればご利益ありますよ(たぶん)!僕もこのツアーで、ぐんぐん滝を登るように成長できれば。

150823 のや 1.jpg

 8/23の初日は、北海道・札幌のレストラン「のや」。この会場は山田稔明くんに紹介してもらったのですが、オーナーの奥さんや娘さんが以前僕のライブにも来てくれたことがあったみたいで。この日も手厚いサポートをしてくださいました。

 「札幌軟石」という、札幌の古い建物ではよく使われていた、この土地ならではの石に囲まれた空間で、グランドピアノを使ってのライブ。音の反響もちょうどよくて、とっても気持ちよかったです。

150823 のや 2.jpg

 協力してくれた元cholonのキクチマコトさん、カポウさん、オーナーご家族などと。

150823 のや 3.jpg

 翌日はAIR-Gでラジオ番組を収録し、CDショップ巡りも。以前から行きたかったミンガスコーヒーで一息。そして、僕のホームページを作ってくれているdrop aroundが桑園に新しくオープンしたお店「MANUFACTURE & WORK」へ。毎月1日〜10日、開店してます。

150823 のや 4.jpg

 少し日があいて、8/28は仙台のSENDAI KOFFEEにてライブ。ここは元GOING UNDER GROUNDのジョーくんとのツーマン以来、2回目です。アップライトピアノを前とは逆向きに設置してみました。たくさん集まってくれて、嬉しかったです。

150828 SENDAI KOFFEE 2.jpg

150828 SENDAI KOFFEE 3.jpg

 左からピアノ調律の今野さん、僕、SENDAI KOFFEEの田村さん、仙台で何かと協力してくれる古い友人のイソベ。

150828 SENDAI KOFFEE 1.jpg

 仙台が終わってそのまま車を走らせて岩手県奥州市の水沢へ。小さな手づくり雑貨のお店 summer night sketchにて、翌朝から準備をして、昼過ぎからライブ。HARCOとしては初の岩手ライブです。10人も入ればいっぱいのスペース、僕にとっても今までで一番小さな会場だったかもしれません。早い時間からのライブだったけど、声はすこぶる調子が良かったので安心しました。

150829 水沢 1.jpg

150829 水沢 2.jpg

 お店の店長、櫻井くんと。お姉さんと一緒にBLUE BOYのライブを20年前に仙台で見たことがあるそう。月日は流れるのう、、、。

150829 水沢 3.jpg
 
 ライブが終わって、そのまま今度は青森へ。その日の夜、RABラジオ「土曜ワラッター」に出演。20年間、お世話になっている番組。パーソナリティ橋本さんほか、皆さんお元気そうでなにより。23時半の番組終了後、深い時間まで打上。

 翌日は弘前へ向かう途中、田んぼアートで有名な田舎館(いなかだて)村へ。あまりにも広すぎるので、展望台からパノラマ撮影モードで。ちなみにここは第二会場。第一会場の展望台はものすごい行列で、ライブに間に合わないので諦めました。

150830 弘前 1.jpg

 弘前の住宅街にあるHachicafeでのライブ。北欧をイメージした、まだオープンして1年も経っていない新しいお店。秋田の「08 COFFEE」と、青森市の「コノハト茶葉店」から、それぞれコーヒーとお茶を仕入れて、オーナーの佐藤さんが切り盛りしています。古いものを使ったリノベーションをところどころに生かすなど、細かいところまで素敵なセンスが行き届いていています。

 ライブは小さなお子さんもちらほら。弘前市内から来てくれた方が大半でしたね。初めての弘前ライブ、とても楽しかったです!

150830 弘前 2.jpg

 左からFM青森の鈴木さん、Hachicafeのオーナー佐藤さん、僕、この日お手伝いで駆けつけてくれたおふたり。

150830 弘前 3.jpg

 翌日は青森市で東奥日報の取材を受けて、コノハト茶葉店に立ち寄り、東京までのロングドライブ。旅のお供は、iPodClassicのシャッフル機能。自分のお気に入りが詰まっているので、何がかかっても心地よいです。ちなみに15000曲くらい入ってます。このiPod、今は生産が終了してしまったのですが、壊れても修理をして長く愛用しています。

150830 弘前 5.jpg

 セットリストは、ツアーがすべて終わったら公開しますね。「ゴマサバの滝登り」ツアー、第2弾は9/21〜9/27まで。松本、金沢、新発田(新潟)、浜松、岐阜を回ります。チケット予約、今からでも遅くありません!皆さん、お待ちしてますよ〜。

solotour2015_banner.jpg

Date
Title

9/4(金)は「HARCOとYeYeの秋フェス」へ!

 9/4(金)、青山のライブハウス・月見ル君想フにて「HARCOとYeYeの秋フェス」を開催します。ある意味、月見ル君想フによる「HARCOの春フェス」のアンサー企画。HARCOバンド・イトケンが企画してます!

 参加ショップもたくさんあって、楽しい夜になりそう!共演はストレンジポップの若手ホープともいえる、京都を中心に活動するYeYe(イエイエ)。YeYeのこと、皆さんにもっと知ってもらいたいので、このたびメールで僕からインタビューしてみました。読みごたえあり!それではどうぞ〜。

YeYe.jpg

HARCO:初めて会ったのはGOING UNDER GROUNDのサポートをまだ僕がやってたとき。京都の岡崎別院というお寺でのライブのときだよね。あれは2011年の夏だったと思うけど。WEEZERの曲をボサノバ風にカバーしてて、衝撃だったなぁ。そのときの思い出ってある?

YeYe:あの日は衝撃的に覚えています!憧れだったHARCOさんと共演できるとあってかなりワクワクしていました。そしてHARCOさんのライブがはじまる少し前に楽屋と舞台の間くらいにワクワクしながら三角すわりして待っていたら、なんと右隣にHARCOさんが現れて!腕の筋を伸ばして足をぐねぐね、ストレッチしてはりました。そしてこちらに向かって話しかけてくださって、「ライブよかったですね」と褒めてくださり、そもそもライブを観ててくださったんだ!という事実がとてもうれしくて、あの日は心の中でニヤニヤしてました。そしてライブ終わりの打ち上げで天下一品本店にみなさんで行って、そのあとライター鈴木さんとKING BROTHERSのケイゾウさんとタクシーに乗りあって河原町に向かう途中にアイスキャンディー屋さんを見つけて4人で食べて、夢のように楽しかったです。ちなみにあのアイスキャンディー屋さんがどこだったのか、いまだにわかりません。(笑)

HARCO:YeYeはQuinka,with a Yawnとも仲良くて「きんかあさん」と呼んでるね。そのくらい歳の差があるわけだけど(笑)。その流れで我が家にも何度か遊びにきてくれて。

YeYe:はい!ある時期、兄の友人でもある写真家の濱田英明さんがとにかくいろんな音楽を教えてくれて。そのなかにきんかあさんの音楽があって、いろいろな音楽を教えてもらった中でもとにかく気に入って、いろいろ調べまくったんです。esrevnocまでたどり着き、amazonでCDを買って、さらに調べるとなんとHARCOさんの奥さん?!となって、もう自分のなかで好きなミュージシャン同士が実は夫婦だったなんて、勝手にうれしくなりました!そして気が付いたらすごく仲良くさせていただいていて。あまりミュージシャン友達(友達と呼ばせていただいていいでしょうか)がいないので、こんなに仲良くさせていただいてとっても幸せです。しかもananの断捨離特集で見ていたHARCOさんとQuinkaさんのお家に自分が遊びに行かせてもらえてるこの事実を高校生の時の自分に自慢したいです。

HARCO:僕のCDを以前買ってくれたことがあるみたいだけど、どんなCD?好きな曲ってありますか?ほか、なんでも。

YeYe:初めてHARCOさんのCDを買ったのは、SHIBUYA O-EASTでのライブCDでした。DVDもついていて。それを観て衝撃を受けて、そのころ音楽を作り始めたときだったんですが、HARCOさんみたいにドラムも叩いたり、いろんなことしたいなぁ...て日本の女HARCOさんになりたいと思ってました。(笑)そしてそのあと「PICNICS」も購入して、特に「お引越し」が好きで、あまり歌詞のこととか考えて音楽を聴いたことがなかったんですが、歌詞も聴き込んで、毎朝毎朝ほんとによく聴いていました。そのあと京都にあったガケ書房(いまはホホホ座)でビューティフルハミングバードやベベチオとコラボしてらっしゃるCDも発見して購入して、付録でついてたシールをベースの裏に貼ったり!



HARCO:金沢に拠点を置くRallyeレーベルに所属しているね。僕も金沢のお店に一度だけ遊びにいったことがあるけど。居心地が良さそうというか、なかなかいいレーベルだよね。

YeYe:わあ!そうだったんですね。Rallye Label、ほんとによくしてもらっています。仮に何か疑問に感じることがあってもなんでも話せる方ですし、アーティストの気持ちを尊重しながら全面的にサポートしてくれる最高のレーベルです。お世話になってる分、自分も音楽でRallyeに恩返ししたい、そう思えるレーベルです。

HARCO:リトアニアに行って、向こうでMVを撮ったりしているけど、行くようになったきっかけは?(僕もチェコなら行ったことあるけど。)

YeYe:チェコ!チェコもいいですね、楽しそう。。
向こうへ行ったきっかけは、もともとわしらが行く2年前に写真家の濱田さんがリトアニアで毎年開催されている「Now Japan」という日本を紹介するイベントに写真展示で招待されていたんです。そこからの縁で繋げてくださって、ライブツアーをさせてもらいました。ほんとにすごい経験をさせてもらいました。。。

HARCO:今回お互い4人編成ということで。あらためてよろしくです。僕のバンドは石本大介(ギター)、伊藤健太(ベース)、榊原大祐(ドラム)。この編成になってまだ2年くらい。そちらのひげめがねおじさんたちの紹介もぜひ!

YeYe:こちらのひげめがねおじさんを紹介させていただきます!ドラムはLLamaやソロシンガーとしても活躍しつつ、世の中の森羅万象の95%は知っているであろう知識人、senoo ricky。鍵盤は甲子園在住、筋トレ大好き、おばあちゃんのようにやさしい田中成道。最後に、大木のようなベースからサンプラー鉄琴、トラックメイカー、なんでもこなすクワマンとHydeに瓜二つの浜田淳の4人でお送りします。ひげめがねおじさんたちにサポートしてもらい始めてからもう5年目になります。最近はスタジオやライブ以外にもみんなで映画を観に行ったりごはん食べに行ったり、音楽以外でも遊ぶことが何かと増えて、毎回楽しさしかなく、ほんとに最高のメンバーに加わってもらって幸せものです。

HARCO:このまえのYeYeのソロ・ワンマンも楽しかったな。僕はアルバム「ゴマサバと夕顔と空心菜」から中心に、まだバンドでやったことのない過去の曲も披露するつもりです。そちらはどんなライブになりそう?

YeYe:HARCOさんのバンドセット、映像でしか見たことないので、とっても楽しみにしています! YeYeバンドはカフェからお洋服屋さんから、本当にいろんなところで演奏させていただく機会が多いのですが、今回は月見ルさん、ライブハウスならではのガッツリ演奏を楽しみたいと思います。

HARCO:どうもありがとう。それじゃぁ9/4、よろしくねー。

 インタビューはここまで。ここからは当日の「秋フェス」を盛り上げるべく集結する、4つの個性的なショップを紹介します!

テコナ ベーグルワークス

代々木八幡にある、人気のベーグル屋さん。秋フェスのためにオリジナルメニューを用意してくれて、僕もこのまえ試食してきました。たくさん作ってくれたなかから厳選したのは、、、
◎HARCOスペシャルベーグル(ほうれん草・トマトクリーム・オリーブ)
◎YeYeスペシャルベーグル(ブルベリー・クランベリー・ミルク)
◎くるくるウィンナー(沖縄チョリソー)
各種300円です。どれも本当に美味しいですよ。(HARCO)

tecona2.jpg

sunday bake shop

いままで食べた中でいちばん宇宙一美味しい!と胸を張って言えるお菓子屋さん。 かづこさんの作るお菓子はほんとに踊ってます。違う星の食べ物の味を初めて知ったような。とにかくお菓子を口に運んだだけで、ニヤニヤしますよ。(YeYe)

sunshine to you

実はまだあまり接点がなく、何度かイベントでお見かけさせていただいたりしていたのですが、ライブの日はなかなかゆっくり見る時間がなく(なんだかソワソワしていて)今回を機に、今回もライブだけど、今回こそは!お近づきになりたいなぁ!と思い、お誘いさせていただきました。instagramやHPでみるプロダクツがとってもとっても可愛くて、いまからソワソワわくわくしています。(YeYe)

kick FLAG
僕がCoa RecordからCDを出していたときに、同じ場所にあるCoa Graphicsで当時デザイナーをしていた高橋有紀子さんが立ち上げた、バッグと小物のブランド。三角形をモチーフにしたプロダクトなど、グラフィカルな小物はどれもハッとする斬新なデザインで、我が家でもポーチを愛用してます。(HARCO)

 当日はかなり賑やかになりそうです。最後にライブの予約についてお知らせします。会場の月見ル君想フで予約を受け付けています。

・インターネット予約→こちら
・電話予約についての詳細→こちら
・ライブ詳細ページ→こちら

 18:30オープン、19:30スタート、前売り3000円、当日3500円、1Drink別500円。今から本当に楽しみ!というわけで、9/4(金)、月見ル君想フでお待ちしてます!

Date
Title

2015年夏のライブ

 この夏の7/20から8/9にかけて、立て続けにいろんなイベントに出演しました。少し早いですが、そんな夏のライブを振り返ろうと思います。

 まずは埼玉県川口市にあるsenkiyaでのワンマンライブ。「きこえる・シンポジウム 2013 夏」をここで開催した以来、ちょうど2年ぶり。あのときはsenkiyaの動員記録を塗り替えたらしいです。しみじみ、思い出します。

150720senkiya-3.jpg

 その2年前は野外ライブでしたが、今回はカフェのなか。子どもも大人も楽しめるライブを予告していたので、「Portable Tunes 2 -for kids&family」からたくさん歌いました。来てくれたお客さんのなかにも、ちびっこがたくさん。

150720senkiya-2.jpg

 久々にギターを手にして、「つめたく冷して」をみんなで歌いました。もうすぐぼ〜ん。つい先日発売された、子ども向けコンピレーションアルバム「うたう!ハニカムジカ」から「みあげれば、おかあさん」も初披露。

150720senkiya-4.jpg

 senkiyaではこの期間、マスキングテープの「mt」の展覧会も開かれていました。「文房具の音」に使いたかったですが、音がまったく出なかったですね。そりゃそうか。

150720senkiya-1.jpg

2015.7.20 埼玉県川口市 senkiya

1 きょうの選択
2 文房具の音
3 しまじろうと いこうよ
4 カメラは嘘をつかない
5 閉店時間
6 ウェイクアップ!パパ!
7 シロクマは、いったりきたり
8 みあげれば、おかあさん
9 つめたく冷して
10 世界でいちばん頑張ってる君に
11 ソングバード
-----------------
12 カーブミラー

 続いては7/25にお台場の東京ビッグサイトで行われた「HandMade In Japan Fes 2015」の模様を。同様のイベントに、大阪で昨年末に参加して、今回も呼んでいただきました。日本一の手づくり市。入場規制がかかるほどで、会場の中の出店数はとんでもないことになってます。

150725HMJF-3.jpg

 この日は野外だったので、暑かったですね〜。13時からのステージ。その場で初めて見てCDを買ってくれた人も多く、嬉しかったです。

150725HMJF-1.jpg

2015.7.25 東京ビッグサイト

1 カーブミラー
2 きょうの選択
3 文房具の音
4 カメラは嘘をつかない
5 世界でいちばん頑張ってる君に
6 ウェイクアップ!パパ!

 その後、お台場から六本木に急いで移動し、J-WAVE「Mercedes-Benz MUSIC FACTORY」の1時間生放送に出演。会場には、番組観覧のために集まっていただいた100名ほどの親子の皆さん。

150725J-WAVE-2.jpg

 MCのグローバーさんとトーク、そして番組中に生演奏も3曲ほど披露。「ウェイクアップ!パパ!」を、会場に来ていたお子さんとグローバーさんと共に熱唱!

150725J-WAVE-1.jpg

 放送後もアフターライブという形で歌いました。そのときに、会場に集まっていたお子さんたちにステージにあがってもらって、文房具の音を鳴らしてもらって、みんなでセッションなんていうコーナーも。楽しかったです。

150725J-WAVE-3.jpg

 そして再びお台場のビッグサイトに戻って、中夜祭に出演。出店者の方々向けのライブということで、急遽参加させてもらいました。さらにこのあと、とある映画の撮影のために夜走りで群馬に向かいます。なかなかハードな一日でした。

150725HMJF-4.jpg

 8月に入って8/1は東急吉祥寺店でのフリーライブ。「Yes!Family」というイベントに参加しました。「きこえる・シンポジウム 2012 冬」に参加してくれた、warmerwarmerの高橋一也さんが企画しています。会場には、古来種野菜がいっぱい。僕は高橋さんに出会って以来、古来種野菜のファンなので、いろいろと買い込みました。

150801YesFamily-2.jpg

 この日は「食」のイベントということで、食材にまつわる楽曲をセレクト。農家さんたちも集まっていたので、久しぶりに「バルコニーファーマー」を歌いました。曲を途中で増やしたりして、予定より少し長めのライブを。

150801YesFamily-.jpg

2015.8.1 東急吉祥寺店

1 ナズナの茶漬け
2 ゴマサバと夕顔と空心菜
3 バルコニーファーマー
4 電話をかけたら
5 ウェイクアップ!パパ!
6 シロクマは、いったりきたり
7 きょうの選択
8 BLUEx4
9 世界でいちばん頑張ってる君に
---------------
10 ソングバード

 8/9は、TSUTAYAが運営する湘南T-SITEでのフリーライブ。「ゴマサバと夕顔と空心菜」「Portable Tunes 2」の発売記念インストアライブという形で開催しました。その場でなにげなく本を読んでいた人たちも、ライブに巻き込まれます(笑)。

150809T-SITE-1.jpg

 T-SITE史上初(!)のアンコールは、生声でのソングバード。僕や皆の声が店内に軽やかに響いてましたね。ホテルのラウンジのようなとっても広々した空間だったので、リラックスして歌えて、気持ちよかったです。

150809T-SITE-2.jpg 

2015.8.9 湘南 T-SITE

1 世界でいちばん頑張ってる君に
2 きょうの選択
3 ゴマサバと夕顔と空心菜
4 カメラは嘘をつかない
5 ウェイクアップ!パパ!
6 シロクマは、いったりきたり
7 BLUEx4
8 文房具の音
----------------
9 ソングバード

solotour2015_banner.jpg

 さて、夏はまだまだ続きます!8/23から、HARCO Solo Tour 2015「ゴマサバの滝登り」 が始まります。全国14カ所をまわりますよ。5年ぶりに訪れる街もあれば、初めての街も。まずは8月の北海道と東北の4ヶ所、行ってきます。ご来場、おまちしています!くわしくはこちら
 
HARCO Solo Tour 2015「ゴマサバの滝登り」8月編
8/23(日)北海道・札幌 のや
8/28(金)宮城県・仙台 SENDAI KOFFEE
8/29(土)岩手県・水沢 summer night sketch
8/30(日)青森県・弘前 Hachicafe

Date
Title

3 Music Video from「ゴマサバと夕顔と空心菜」

 4/22の発売から3ヶ月が経過した「ゴマサバと夕顔と空心菜」。いろんな方から「名盤だ!」と言ってもらえてます。嬉しい!今さらながら、このアルバムは僕のキャリアのなかでも最高傑作なのではと思っています。

 さて、そのアルバムから結果的に3曲、MVを作りました。このブログでは紹介していなかったので、あらためてご覧いただこうと思います。

 まずは「ゴマサバと夕顔と空心菜」。これはアルバムのジャケットのために訪れたラオスの、首都ヴィエンチャンとルアンパバーンで撮影。初めて自分で監督をしたのですが、すべてスマートフォンで撮影しています。たまに僕が映っているところは、同行したデザイナーのオグロエリさんに撮影してもらいました。初めての映像編集も、初歩的なアプリケーションを使って行っています。

 歴史ある寺院や観光名所、雄大なメコン河、タクシー代わりのトゥクトゥク、数々の市場、早朝からの托鉢、ラオスのごはん。どれも忘れられない、印象的な映像です。でも「ラオスの旅番組」のようだという意見もあり、誰もがラオスに行きたくなると言っていました。それはそれで、ラオスに貢献できていれば嬉しいなぁ。



 続いては「カメラは嘘をつかない」。こちらは「お引越し」「世界でいちばん頑張ってる君に 2005&2007」「Two Tone」「Lamp&Stool」と、誰よりもHARCOを撮っている監督、土屋隆俊くんにお願いしました。この曲を作るとき、代官山の街を思い浮かべていたのですが、撮影も代官山を中心に、青山、渋谷などをめぐって一日で撮影。歴代MVのなかでもひときわ爽やかな作品に仕上がったのでは、と思っています。



 土屋くんと。

withTsuchiya.jpg

 最後は「南極大陸」。監督はデザインユニット「Mary & Wool」の綿谷羊太郎さん。実は綿谷さん、以前「Twittin' Roll」MVも制作しているんですが、このときは僕も知らず、勝手に制作してYouTubeに投稿していたのです。それを僕があるとき見つけ、このオファーに繋がることに。その前作のスズメの動きも可愛かったのですが、今回のペンギンやヒョウのゆるい動きもたまりません。最後のヒョウが山頂でターンするところは、羽生結弦くんを何回も見て研究してくれたそうです。



 以上、3作品を紹介しました。つい先日アップした「ウェイクアップ!パパ!」のMVも合わせてお楽しみください。HARCOオフィシャルYouTubeアカウントはこちら

Date
Title

プロモーション 2015

 「ゴマサバと夕顔と空心菜」をリリースしたあと、4月から7月にかけていろいろなメディアにプロモーションとして登場しました。そのなかから、まずはWebマガジンのインタビューページをまとめて紹介。さらにラジオMCの方などとの記念撮影も公開します。

<インタビューページへのリンク>
・CINRA
・OTOTOY
・リアルサウンド
・ポプシクリップ。
・Qreators
・fo.com(フォーカム)

 ラジオ日本「ヨコハマ・ラジアンヌスタイル」MC 栗林さみさんと。 横浜のスタジオまで行ってきました。

Promo2015-10.jpg

 Webサイト「ポプシクリップ。」の取材でご一緒した、メジャーデビュー当時からお世話になっているライター・岡村詩野さんと。

Promo2015-1.jpg
 
 ニッポン放送のインターネットラジオ「Suono Dolce」の番組「カフェ・デジュネ」MC 延時成美(のべときなるみ)さんと。映像でも見れましたね。

Promo2015-5.jpg

 ユニコーン/電大の手島いさむさん、そうです、あのテッシーさんと!フリーペーパー「UNGA」で対談しました。紙面に載らないいろんなプライヴェート話も聞けちゃいました。

Promo2015-7.jpg

 その翌日、JUN SKY WALKER(S)の他、プロデューサーとしても活躍する寺岡呼人さんと久しぶりに再会。バンドブームを支えたお二人に続けて会うなんて、不思議なご縁です。INTER FM「TERAOKA MUSIC」に出演して、いろんな曲をセレクトさせてもらいました。

Promo2015-8.jpg

 bay fm「MOZAIKU NIGHT FRIDAY TAKAKO'S EDITION」の収録で、DJの中村貴子さんと。中村さんは僕のことをバンドデビュー前の16歳くらいから知っているんです。久しぶりにいろんな話ができました。

Promo2015-2.jpg

 TOKYO FM「Blue Ocean」にて、DJの住吉美紀さんと。週末の午前中、全国生放送で2曲歌いました。

Promo2015-3.jpg

 TOKYO FM「Dear Friends」にて、シンガーの坂本美雨さんと。出産を控えた大きなお腹。その後7/27に無事、元気な女の子をご出産されたようです。

Promo2015-14.jpg

 NHKラジオ第1「すっぴん!」MCのユージさん、藤井彩子さんと。離島にも届く本当の意味での「全国生放送」で1時間たっぷり出演、生ライブも。とにかくネタが切れてはいけないと思い、とことん喋りました。ユージさんとはパパ・トークも。

Promo2015-15.jpg

 新潟FM PORT「Radio Mixture」のMC 須賀由美子さんと。FM PORTは1年に1回くらい出演してます。

Promo2015-9.jpg

 JFN「OH! HAPPY MORNING」MC 小谷大輔さんと。この番組も以前からよく出演させてもらっています。

Promo2015-4.jpg

 大阪のFM802「FLipLips」に出演。番組の中で、MCの内田絢子さんと一緒に「Portable Tunes 2」のすごろくをやって盛り上がりました。

Promo2015-11.jpg

 お笑いコンビ「ジャルジャル」と放送作家/ミュージシャンの倉本美津留さんが送る、ニコニコ生放送「開放!ジャルジャルのコント会議」に出演。文房具の音を使ってみんなでセッション。楽しかったです。「あっぷくライブ」という即興コントライブの、オープニングテーマのアレンジも担当、というか勝手に作って持って行きました(笑)。

Promo2015-13.jpg

 最後はこれから放送する、静岡のK-MIX「ようこそ夢街名曲堂へ!」の収録後の写真。山田稔明くんとのダブルゲスト。MCは音楽評論家の長門芳郎さんと、原盤制作ディレクターetc.の土橋一夫さん。2週に渡っての放送で、8/1と8/8の21:00〜21:55オンエア!

Promo2015-12.jpg

Date
Title

インストアライブの記録 2015

 4月と6月の2枚のアルバム・リリースに合わせて、4本のインストアライブを行いました。そのうちの1本目タワレコ新宿店はすでにブログに書いたので、2本目の5/31 dues新宿の模様から。この会場はディスクユニオンが運営するライブスペース。僕も初めて訪れました。

150531dues.jpg

 この日はディスクユニオンでアルバム「ゴマサバと夕顔と空心菜」を購入してくれた方向けの限定イベント。少々マニアックな曲の解説と共にお届けしました。僕が一番楽しかったかも。

2015.5.31 新宿dues
1 カメラは嘘をつかない
2 南極大陸
3 電話をかけたら
4 ゴマサバと夕顔と空心菜
5 きょうの選択
6 閉店時間

 つづいては6/6、タワーレコード梅田NU茶屋町店。6/5の大阪&6/7の名古屋のバンドワンマンライブの合間に行いました。たくさんの人が集まってくれて、嬉しかったです。結構たっぷりやっちゃいましたね〜。

150606NU.jpg

150606NU2.jpg

2015.6.6 タワーレコード 梅田NU茶屋町店
1 世界でいちばん頑張ってる君に
2 口笛は春の雨
3 電話をかけたら
4 閉店時間
5 きょうの選択
6 カメラは嘘をつかない

 そしてもう1本、6/21は父の日。それにちなんだ、現在放送中のNHK みんなのうた「ウェイクアップ!パパ!」初披露の日。「Portable Tunes 2 -for kids&family-」のリリースを記念したインストアイベントを、タワーレコード渋谷店で行いました。ゲストには佐藤徳之丞(とくのすけ)くんをお招きして。現在小学一年生の徳之丞くんと一緒に、「ウェイクアップ!パパ!」を2回も歌っちゃいました。

150621TowerShibuya1.jpg

2015.6.21 タワーレコード 渋谷店
1 きょうの選択
2 文房具の音
3 ウェイクアップ!パパ!
4 シロクマは、いったりきたり
5 しまじろうと いこうよ
6 JAMBALAYA
7 ウェイクアップ!パパ!

150621TowerShibuya4.jpg

 実は、この日の模様をMVとして撮影していました。下の動画をぜひご覧下さい!現在YouTubeオフィシャルアカウントで公開しています。ライブの映像に加えて、徳之丞くんとパンケーキを食べるシーンも。まるで本当の親子のようだなぁ。徳之丞くん、いろんなことを知っていてとても頭がいいんだなぁと思いました。所属しているひばり児童合唱団のなかでも、とびきり歌が上手いんだそうです。



 下の写真は、左が今回のMVを撮影してくれた北山大介くん。「Night Hike」「君の髪にふれたい」MVの監督でもあります。奥さんは「ウェイクアップ!パパ!」の実際の「みんなのうた」アニメーションを担当してくれた、きたやまくみこさん。そして右はこの曲の作詞を担当してくれた山田英治さん。「世界でいちばん頑張ってる君に」の作詞もしています。いろんな人の協力にあらためて感謝したいです。

150621TowerShibuya3.jpg

 そして今年5本目のインストアライブも決定しました。8/9の14時から、湘南T-SITE 1号館2階 湘南ラウンジにて。もちろん入場フリー。その場で「ゴマサバと夕顔と空心菜」もしくは「Portable Tunes 2」をご購入の方に向けて、サイン会も開催。ぜひお待ちしています!くわしくはこちら

Date
Title

東名阪バンドツアー『ゴマサバと空心菜と雲呑と烏龍茶』東京

 6/13(土)、吉祥寺Star Pine's Cafeでのツアーファイナル。最近では毎年クリスマスライブを行っている、慣れ親しんだ会場です。リリースツアーこそここでやりたかったので、どれほどこの日を待ちわびたことか!

150613SPC-1.jpg

(写真:祖父江綾子さん)

 この日も僕と、ギター石本大介、ベース伊藤健太、ドラム榊原大祐の4人編成。入念なリハーサルのあと、本番スタート。どの曲も大阪&名古屋より落ち着いたテンポで、なかなかいいグルーヴが出ていたかと思います。

150613SPC-12.jpg

 石本くんはエレキギター、アコースティックギター、バンジョー、ウクレレと、このツアーではいろんな楽器を演奏してくれました。

150613SPC-5.jpg

 イトケンはエレキベースにアップライトベース、さらに「3&SKY」「Night Hike」ではシンセベースにも挑戦!器用だなぁ。

 150613SPC-7.jpg

150613SPC-14.jpg

 蝶ネクタイがいかしていたドラムのダイちゃん。AOR調のビートから、変則的なパターンの「ゴマサバと夕顔と空心菜」、僕の曲に多いシャッフルのリズムまで、なんでもこなしてくれます。

150613SPC-6.jpg

 中盤とアンコールに、堀込泰行さん登場!「口笛は春の雨」、そして「愛されたいから」を一緒に歌いました。

 半年ぶりに人前に現れたという泰行さん。最近何をしてるんですか?などなど、いろんなトークを。最近は僕のアルバムだけでなく、Mellowhead、空気公団、杉瀬陽子さんなど、たくさんのアーティストとコラボしています。「愛されたいから」では「春フェス 201 4 in 大阪」で生まれた”泰行さんラップ”を再現!盛り上がりましたね〜。

150613SPC-10.jpg

150613SPC-11.jpg

 ラストはまさかのダブルアンコール。急遽「お引越し」をひとりで歌ったんですが、反響が多くて嬉しかったです。

150613SPC-16.jpg

150613SPC-9.jpg

 この日もグッズ「HARCO PRESS」(1500円)、「てぬぐい」(1800円)を販売していました。ふたつ買うと合わせて3000円に値引き。おトク!

150613SPC-4.jpg

150613SPC-15.jpg

 5人並んだ写真をどうぞ。このあと打上はイトケン宅(3次会)の朝まで盛り上がりました〜。

150613SPC-2.jpg

 ちなみに、次のこの4人バンド編成のライブは、9/4に青山 月見ル君想フにて、そして12/24は再びここ吉祥寺Star Pine's Cafeです。バンドサウンドでアルバムを再現できる数少ない機会。ご来場、心よりお待ちしています!

 最後に6/13のセットリストを公開します。

1 BLUEx4
2 カメラは嘘をつかない
mc
3 南極大陸
4 ナズナの茶漬け
mc
5 電話をかけたら
6 I don't like
mc
7 3&SKY
8 DJ旅
9 数秒数分数時間
mc
10 きょうの選択
11 ジャンバラヤ
12 しろくまはいったりきたり
mc
13 口笛は春の雨(with 堀込泰行)
mc
14 ゴマサバと夕顔と空心菜
15 つめたく冷して
16 閉店時間
17 Night Hike
mc
18 嘘つき
19 世界でいちばん頑張ってる君に
----------------
20 カーブミラー
21 愛されたいから(with 堀込泰行)
----------------
22 お引越し

Date
Title

東名阪バンドツアー『ゴマサバと空心菜と雲呑と烏龍茶』大阪&名古屋

 アルバムを記念してのバンドツアー『ゴマサバと空心菜と雲呑と烏龍茶』。フルバンドスタイルでのワンマンは、大阪と名古屋では5年ぶり。まずは初日6/5大阪・心斎橋Music Club JANUS(ジャニス)の模様をお届けします。撮影は8枚目まで、「HARCOの春フェス 2014 in 大阪」でDJをしてくれた、グルーヴあんちゃん。

150605JANUS-11.jpg

 あいにくの雨でしたが、たくさんの人が集まってくれました。メンバーはゴマサバ=僕、空心菜=ベース伊藤健太、雲呑=ギター石本大介、烏龍茶=ドラム榊原大祐の4人。4/22に発売したアルバム「ゴマサバと夕顔と空心菜」からの曲を中心に、お届けしました。

150605JANUS-10.jpg

150605JANUS-7.jpg

150605JANUS-6.jpg

150605JANUS-3.jpg

 昔の曲もいろいろと歌いましたよ。1997年の1stアルバム「POOL」から「3&SKY」、2000年の「シンクロの世界」から「DJ旅」、そして2002年の「HARCO」から「数秒数分数時間」を。

 中盤でゲストに杉瀬陽子さん登場。「HARCOの春フェス 2014」に出演してもらい、今回のアルバムにも参加してもらいましいた。迫力ある歌声。このとき僕はドラムにまわりました。「ルーシー」と、新しいアルバム「肖像」から「マドロスの小瓶」。

150605JANUS-9.jpg

150605JANUS-4.jpg

 アンコールの最後の曲は5人で「口笛は春の雨」を。下の2枚の写真は竹腰康広さん撮影。

150605JANUS-1.jpg

150605JANUS-2.jpg

 次は、6/7の名古屋・今池Tokuzo(トクゾー)。もう何度もワンマンライブをしている、おなじみのライブハウスです。照明がLEDに変わって、後ろの木の壁が鮮明になりました。写真はTokuzoのスタッフの方が撮影してくれました。

150607Tokuzo-1.jpg

 石本くんとの二人コーナーでは「Portable Tunes 2」から3曲お届け。振り付けも交えて「シロクマは、行ったり来たり」など。

150607Tokuzo-7.jpg

 杉瀬陽子さん登場。この日は長い髪を下ろして、真っ赤な洋服。まさに紅一点。7/15に発売される3枚目のアルバム「肖像」もオススメです。

150607Tokuzo-9.jpg

150607Tokuzo-2.jpg

 アンコールでは久しぶりに製作したツアーグッズの説明を。初めてのリトルプレス「HARCO PRESS」や、てぬぐいについて。

150607Tokuzo-5.jpg

 ギターの石本くん以外は、初めてのツアーでしたね。みんな思い切り楽しんで演奏してくれました。次はまた5年後、にならないように、こうやってバンドでツアーをまわれる日を目指して頑張ります。そのためには新曲もどんどん書かなくては!(今年はまだ全然書いてない、、、)

150607Tokuzo-3.jpg

150607Tokuzo-4.jpg

 最後に、大阪&名古屋のセットリストを公開します。ご来場くださったみなさん、どうもありがとうございました!

1 BLUEx4
2 カメラは嘘をつかない
mc
3 南極大陸
4 ナズナの茶漬け
mc
5 電話をかけたら
6 I don't like
mc
7 3&SKY
8 DJ旅
9 数秒数分数時間
mc
10 マドロスの小瓶(Vo:杉瀬陽子)
11 ルーシー(Vo:杉瀬陽子)
mc
12 きょうの選択
13 ジャンバラヤ
14 しろくまはいったりきたり
mc
15 ゴマサバと夕顔と空心菜
16 つめたく冷して
17 閉店時間
18 Night Hike
mc
19 嘘つき
20 世界でいちばん頑張ってる君に
------------------
21 カーブミラー
22 口笛は春の雨(with 杉瀬陽子)

Date
Title

NHKみんなのうた「ウェイクアップ!パパ!」、「Portable Tunes 2 -for kids&family-」

 現在6〜7月にかけて、「NHKみんなのうた」として、僕と佐藤徳之丞(とくのすけ)くんが歌う「ウェイクアップ!パパ!」が放送されています。きたやまくみこさん制作のとっても可愛らしいアニメーションにも注目してください。ほぼ毎日、NHK総合もしくはEテレで流れています。こちらもぜひ参考にしてください。→「NHKみんなのうた 放送予定表」

WakeUpPapa-3.jpg

(C)NHK/THREE IS A MAGIC NUMBER Inc.

 念願だった「みんなのうた」、とっても嬉しいですね。歌詞は「世界でいちばん頑張ってる君に」の山田英治さんが担当してくれました。イクメンという言葉もある今、お父さんは子供と遊びたいけど週末はやっぱり眠い。子供もお父さんと遊びたくて起こしにいくのだけど、どこか躊躇している。そんな親子の関係がとってもいじらしくもあり、「経験したい」「経験させたい」という言葉も出てきて、子育て1年生の僕にとってもハッとさせられる1曲です。作曲やアレンジは僕が担当しています。

 そして、6/3に「Portable Tunes 2 -for kids&family-」をリリースしました!タイトルの通り、家族みんなで楽しめるワクワク・アルバム。NHKみんなのうた「ウェイクアップ!パパ!」ほか、Eテレ0655「きょうの選択」、同じくEテレの「ネイバーズ」「味楽るミミカ!」テーマソング、「しまじろうのわお!」オープニングテーマなど、僕の今まで歌ってきたTVソングを多数収録。

PT2_400.jpg

 ほかには吉本興業「笑楽校」の校歌、今までに参加した「NHKみんなのうた」のカバー・コンピレーションから2曲、カーペンターズのカバー、さらに書き下ろしで4曲追加しています。全部で17曲。なかなか豪華な仕上がりとなっていますよ。

 ジャケットはなんと「すごろく」になっています。広げてみれば、表紙のSTARTから始まって、曲にちなんだ仕掛けがたくさん詰まったすごろくが楽しめます。切り取ればサイコロやコマになるシートも付いています。

PT2-Sugoroku.jpg

 レコーディングは2月中旬〜3月のはじめにかけて行いました。佐藤徳之丞くんはレコーディング当時まだ若干6歳。ひばり児童合唱団に所属していて、伸びやかで元気な声がとても頼もしいです。とても良いテイクが録れました。

PT2-Tokunosuke.jpg

 ギターやバンジョーは、後藤郁夫さん。アイデア豊富で手堅いプレイは健在です。ベースは高井亮士さんで、そのほかは僕が演奏、プログラミングしています。

PT2-Gotou.jpg

 ミックスエンジニアは「ゴマサバと夕顔と空心菜」もすべてお願いした、廣瀬修さん。

PT2-Rec.jpg

 6/21には渋谷タワーレコード3階でのインストアライブが決定しています。ぜひ遊びにきてください!インストアライブに関する詳しい情報はこちら

Date
Title

ゴマサバツアー 2015 春の関東編「春巻と雲呑」

 5月下旬、鎌倉、那須塩原、千葉を巡る関東ツアーに出かけました。関東地方のなかを大きな円を描いてまわることは、僕のかねてからの夢だったんです。やっぱり関東だけでも広いし、人もいっぱい住んでますから、待ってくれている人も多いかなと。

 春巻=僕、雲呑=石本大介くんのデュオ編成でのツアー。ちなみに石本くんは非常に大食いで、たくさん詰め込むとお腹がぽっこり膨れて、そのお腹がとっても白いので、雲呑と名付けました。揚げものと茹でものの旅。

150517 moln1.jpg

 まずは5/17、鎌倉moln(モルン)。ここでのライブは2回目なのと、何度か他の人のライブを見に来たりしているので、すっかり親しみのある場所になりました。鎌倉にちなんだトークも盛り上がり、とても楽しい夜に。雑貨屋であるmoln、いつもたくさんの什器を取り払って会場をセッティングしてくれる、五十嵐さん&綾さん夫妻と。

150517 moln2.jpg

 続いて5/23、那須塩原Torritt Occa(トリットオッカ)。自然のなかにたたずむイタリアンレストランです。molnと同じく、ここも2回目の出演。前回とはステージの位置を変えてお届けしました。僕のプライヴェートな話もはずみ、終始なごやかな雰囲気で進みました。

150523 TorittOcca1.jpg

150523 TorittOcca2.jpg

(撮影:平山泰成さん)

 ここでのライブを企画してくれている嘉門さん(前列左)やご協力いただいた皆さんと。

150523 TorittOcca3.jpg

 「春巻と雲呑」最終日は、「いつも心に花束を」というタイトルもついた、千葉gris souris(グリスーリ)でのライブ。生活雑貨や陶芸作家さんなどの作品を扱うお店。この日が初めてのライブだそうで、お店のほとんどの什器を移動して、会場をセッティングしてくれました。

150524 grisouris3.jpg

150524 grisouris2.jpg

 この日はおもに千葉のいろんなところから、たくさんの人が集まってくれて嬉しかったです。千葉でのワンマンライブは今回初めてでしたが、今後も定番にしたいので、また来てくれるといいな。オーナーの飯島里奈さん(真ん中の白い服の女性)や、今回の企画をバックアップしてくれた千葉cafeSTANDの皆さんと。

150524 grisouris1.jpg

 最後に「春巻と雲呑」ツアーのセットリストです。

1 BLUEx4
2 お引越し
3 カメラは嘘をつかない
4 嘘つき
5 バッティングセンター(那須=水彩画の町)
6 文房具の音(千葉のみ)
7 南極大陸
8 ナズナの茶漬け
9 きょうの選択
10 ジャンバラヤ
11 しろくまはいったりきたり
12 電話をかけたら
13 閉店時間
14 ゴマサバと夕顔と空心菜
15 Night Hike(鎌倉と那須のみ)
16 世界でいちばん頑張ってる君に
---------------------------
17 口笛は春の雨
18 カーブミラー





calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

selected entries

categories

archives

links


web design by drop around