Date
Title

20周年ツアー 2017.7.1 名古屋 今池 Tokuzo

 アルバム「あらたな方角へ」発売からあまり日が経っていないのだけど、7月10日でちょうど20周年を迎えるのを前に、さっそく名古屋→東京→大阪と「HARCO LIVE TOUR 2017 20th Anniversary Special - HIKINGS -」を敢行!まずは7月1日の名古屋。もうかれこれ10回くらいライブをさせてもらっている、今池のライブハウス・得三(TOKUZO)にて。ゲストはカジヒデキさん!

 (撮影:逸見菜々子 / すべてクリックで拡大できます)





 2年前の「ゴマサバ」のツアーのときと変わらぬバンドメンバーはこちら。ギター:石本大介、ベース:伊藤健太、ドラム:榊原大祐。







 前編は新譜からの1曲「Monday Mornings」など軽快な曲がまず続き、「青い潜水服」「香港スタア」といった、長く寝かせすぎたマニアックな選曲も。石本くんとのまったりな弾き語りコーナーも3曲。



 休憩を挟み、後半はカジくんの登場から!さっそくカジくんの代表曲「甘い恋人」「ラ・ブーム」など。そのまま僕とかつてダブルネームでCMソングを歌った「BE MY GIRL」や「Twittein' Roll」など。





 10周年のツアーのとき、東京公演に駆けつけてくれたカジくん。今回どうして名古屋に出ていただいたのかというと、3年前の冬にここからほど近い鶴舞にあるKDハポンというライブハウスで、それぞれの弾き語りで熱〜く盛り上がったときの記憶が忘れらない僕が、もう一度名古屋で盛り上がれたらいいのでは、と願ってオファー。ちなみにその3年前のライブレポートはこちら





 北斗七星、Night Hike、東京テレポート、winter sports rainbowと立て続けに演奏、会場がラストに向けてさらに熱を帯びていくのを感じる...。

 さらに終盤では、今年いっぱいでHARCOとしての活動を終了して本名に改名することについて、その理由や経緯を初めてちゃんとじっくり、お客さんの前で話すことができた。おかげで、この日が「あらたな方角へ」向かう最初の1日になったような、そんな想いが過ぎった。ちょうどこの日は2017年後半の最初の日。会場にいた誰かの背中も押していたのなら良いな...。





 アンコールには再びカジくんが登場。かつて僕とカジくんと、元・GOING UNDER GROUNDのジョーくんと3人でレコーディングした楽曲「BLUEx4(ブルーバイフォー)」で締めくくる。



 勢い余って「トクゾー!」と叫んでる瞬間。そんなことだけで、一瞬声が枯れちゃった。喉、もっと鍛えなきゃ。
 


 この日のセットリストはこちら!

===前編===
1 カーブミラー
2 Monday Mornings
3 ゴマサバと夕顔と空心菜
4 青い潜水服
5 香港スタア
6 1分の1の地図
7 Two Tone
8 親子のシルエット
9 ウェイター&ウェイトレス(HARCO+石本大介)
10 江ノ島ラプソディ(HARCO+石本大介)
11 夏のヒーロー(HARCO+石本大介)
12 映画「リトル京太の冒険」サントラから2曲(HARCOひとり)
===後編===
13 甘い恋人(withカジヒデキ)
14 カジヒデキ ラ・ブーム 〜だってMY BOOM IS ME〜(withカジヒデキ)
15 BE MY GIRL(withカジヒデキ)
16 Twittin’ Roll(withカジヒデキ)
17 北斗七星
18 Night Hike
19 東京テレポート
20 winter sports rainbow
21 世界でいちばん頑張ってる君に
22 カメラは嘘をつかない
23 あらたな方角へ
===アンコール===
24 BLUEx4(withカジヒデキ)
===ダブルアンコール===
25 お引越し(HARCOひとり)



 ダブルアンコールでは「ペンを置いたって」をひとりで途中まで歌ったのだけど、コードが思い出せなくなり(トホホ)、結局「お引越し」を。

 そして終わってみればスタートから3時間半が経過。こんなに長いワンマンライブは初めて。でも東京はもっと凄いことになったのだけど。カジくんやお客さんがとことん盛り上げてくれて、ツアー初日から最高の夜に。どうもありがとう!



 今池といえば味仙の本店がある街。新幹線で帰るカジくんをお見送りし、残りのメンバー&スタッフで急遽行っちゃいました。今や本店の味が群を抜いているとのこと。口には出さなかったけど、たらふく食べながらメンバーが皆「ツアーに来てるなぁ〜」って顔してて、心底嬉しかったな。2年に1回くらいしか、ツアーに連れて行ってあげることができないので。このあとスタッフやドラムのダイちゃんの運転で、東京方面へ戻ってそれぞれの家に機材を届けてまわり、最後はすっかり朝に。鳥たちがTwittin' Rollしてました。

 おまけ ↓ 。ライブの1週間ほど前に都内でリハーサルしたときの様子。カジくんはモリッシー、イトケンははっぴいえんどTシャツ。






calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

links


web design by drop around