Date
Title

皮むき間伐体験ツアー

 よくイベントでご一緒している文筆家の田中優さん(原発に関する講演会で今や時の人に)が理事を務める、天然住宅バンクが主催する「栗駒エコラの森 皮むき間伐+αツアー」に、4/29〜5/1、二泊三日の日程で参加してきたときのレポートを。参加者は6〜70名くらい。
 いわゆるエコツアーだが、泊まりがけで遠方へというのは僕は初めてだ。場所は宮城、岩手、秋田三県にまたがる栗駒山。被災地も近いためか、参加した方のなかには途中から支援のために現地へ向かう方や、そこから戻ってきて参加した方も多かった。
 森を正しく管理するためには、木を元気よく育てるために木の間引き、つまり間伐をすることが大切である。皮むき間伐といういうのはただ単に若い木を切り倒すのではなく、まず木の皮を剥いて1年などある程度の時間をおいてから伐採する行程のことをいう。皮を剥いて木が乾燥することによって木が軽くなり、人や車両で行う運搬が格段に楽になるほか、工場での乾燥過程においてもスピードが増す、非常に効率的な方法。全国各地で広まっているがまだ行われているところは少なく、また、地域によって皮の剥き方に違いがあるそうだ。

 <1日目>

 早朝出発にもかかわらずGWの大渋滞で到着が遅れ、この日は作業というよりはバスの中や宿での田中優さんの森についてのセミナーが中心。近所の川渡温泉が気持ちいい。夕食はみんなでバーベキュー。ほとんどが知らない人なので交流を深める。普段の皆さんは林業、工務店、介護、学生、医療、大学教授、市議会議員など様々。空は北斗七星をほぼ真上に、満天の星空。

kurikoma-3.jpg

 <2日目>

 起床時間よりも早く目覚めたので散歩。鳥の声や川の音が気持ちよいのでレコーダーを置いてフィールドレコーディングをした。行きのバスで仲良くなった住職さんによる、読経のモーニングサービスも。

kurikoma-5.jpg

 大きな釜で炊いたおいしいご飯を食べて、さっそく皮むき作業へと。まずは山を30分くらい歩き、皮むき作業の場に到着。今までは平らなところが多かったそうだが、今回は急な傾斜なので経験済みの人も大変そう。いくつかの班に分かれ、さらにそのなかでペアに分かれて1本ずつ取りかかる。

kurikoma-7.jpg

 根っこの少し上をのこぎりで白い粉で出るくらい、うすく横に切る。そのあとに竹べらで10センチくらいの間隔で、縦にやはり10センチくらいの線を入れる。幹と皮の隙間にその竹べらを固いもので叩いて食い込ませ、めりっとめくる。

kurikoma-25.jpg

 そのあとは両手で掴んで木の上の方をめがけ、おりゃーと、めくる。

kurikoma-24.jpg

 はじめはなかなかうまくいかない。途中で皮が切れたり、すぐ細くなってしまったり。何度か繰り返すうちにコツが分かってくる。途中の枝が出ている部分では皮が止まってしまうけど、それをなんとかよけて上の方まで。鞭を打つように皮を波立たせながら引っ張るとうまく上まで剥けると、慣れている人に教えてもらう。次第に誰が一番長いかを競いだす。長い人で5メートル以上はあったかな。とにかくつるーんと向けるとこんな感じ。

kurikoma-8.jpg

 印象的だったのはやはり皮を剥いたあとのつるつるの幹がとても水分を含んで湿っていること。舐めると少し甘い。そして冷たい! これも驚きだった。めくったばかりの皮の内側に手を入れると、軍手越しでもひんやりと冷気が伝わってくる。
 数時間がたち、一通りめくり終えると、皮を上まで運ぶ。ついでにその辺りに生えている小さな木も。いったん宿に帰って昼食(カレー!)。

 午後は1年前に皮を剥いた木の伐採作業。雨が少しずつ降り出すなか、また山を登る。この山の雑草を食べてくれている子牛たちに会う。

kurikoma-15.jpg

 倒す木は、もともと間伐のための細い木なので、のこぎりを使って伐採できる。まずは倒したい方向の、皮を剥いたすぐ上を水平に4分の1ほど切る。その切った先を目がけ、斜め上45度からも切り、手頃な大きさになった木を抜く。

kurikoma-9.jpg

 今度は反対側の、さきほど切った下と斜め45度上の3分の1くらいの高さを水平にある程度切る。そして初めに決めた倒したい方向に倒す。

kurikoma-10.jpg

 生木(なまき)は水分を含んで重たいので少し押せば倒れるが、皮を剥いた木は水分が3分の1くらいになっているのでとても軽く、なかなか倒れない。木の揺れに合わせて数人で何度か押すとどしーんと倒れる。軽い地響き。
 
 このとき思ったのが、倒れる瞬間に少しユニークな音がすること。これは僕しか気になっていなかったみたいだ。あとで生木を倒したときも確認したみたのだが、こちらはもっと大きくてまっすぐな、いかにも「どしーん」という音。でも皮を剥いた木は、耳の後ろから鳴っているような、専門的に言うとスピーカーの配線を操作して位相をずらした時のような、そんな音がするのだ。
 きっとこれは、失われた水分によって木のなかにある程度の空間ができていて、そこに音が反響していたのだと思う。どしーんだけではなく、どこか「びよーん」とバネを放したときのような、不思議な音。この音も録音すればよかった。

kurikoma-11.jpg

 皮むきではない生木は田中優さんがチェーンソーで伐採。手伝う専門の人はまわりにいるけど、機械なので見てると少しハラハラ。重いからすぐに傾いたが、他の木に引っかかりなかなか地面に落ちなかった。そんなこともよくあるそう。

kurikoma-12.jpg

 生木は運ぶときも相当重い。3メートルくらいの間隔に切ったものを、皮むきなら二人いれば運べるが(前述したように運びやすく軽量化するのが皮むきの第一の目的)、生木だと男7人がかり。きつそう。

kurikoma-13.jpg

 数時間がたち、すべての作業が終わった頃、気がつけば雨はやんで陽が射していた。栗駒木材の大場さんという、この栗駒の山に尽力している人が伝えてくれる(東北訛りで)。「見てください、みんなが木を切ってくれたおかげで森に光が差し込んでいます。残された杉がもっともっと太く元気に伸びてくれます。」

 最後は重機で地元の栗駒木材の人が持っていてくれた。翌日は工場でさっそく製材させてもらう予定。いやー疲れたー。温泉が待ってるぞ。

 2日目の夜もバーベキュー。間伐ツアーに同行している高森ゆうきくん、大貫妙子さんとのアンプラグドライブ。多いに盛り上がる。大貫さんには急遽お願いしたのだが、快諾してくれたうえに、近年坂本龍一さんと取り組んでいる様々な童謡をアカペラで歌ってくれた。昨晩は早々に寝てしまったのだが、この日は夜中まで歌を歌ったり語りあったり。フォークの時代に戻ったようだ。

 <3日目>

 栗駒木材の工場見学。栗駒木材は40年続くなかで7年前に、循環型社会に貢献できる会社になろうと大転換を果たした会社。さらに冷暖房にも強い木に加工するため、昔ながらの燻煙技術を駆使して木を痛めつけないように低温で乾燥させたり、健康を害するホルムアルデヒドの原因となる合成接着剤を使わずに、米のりを使用したりと、その工夫は様々。

kurikoma-17.jpg

 そして取引先の製紙工場が地震の被害を受けて操業をストップし、収入が落ち込んでしまったにも関わらず、被災地・避難所への物資輸送、ペレットストーブの提供など、震災直後から支援を惜しみなくしてきた立派な会社でもある(でも資金が追いつかないらしく、栗駒木材を救済する「くりこま募金」というのもあります)。

 まずはグループに分かれて広い工場の隅々を見学。

kurikoma-18.jpg

 多くは製材して家などの構造材に使用。木の家はCO2を固定化して保存できたり、伸縮して温度を調節してくれる。構造材に使えないものはチップとして紙の原料に。全国の新聞紙の一部になっているらしい。
 
kurikoma-23.jpg

 ビニールハウスに敷き詰められたおがくず。

kurikoma-22.jpg

 そのおがくずを高額な機材(真ん中の黄緑とその上の部分)を使って木質ペレットに。前述したペレットストーブや、工場内の燻煙乾燥用の燃料として使用。燃焼時のCO2は木々が生長する際に吸収したCO2と同量なので環境に優しい。ちなみに木質ペレットはバイオマス発電としても使われる。

kurikoma-19.jpg

kurikoma-21.jpg

 ほかにもたくさん見て回ったあと、最後に昨日伐採した皮むき間伐の杉の木を製材加工してくれた。含水率は(測定箇所によっても異なるが)生木が120%を越えるのに対し、皮むき材は60%。さらに低温の燻煙乾燥後は30%以下になる。すでに前述したように、含水率が低いほど乾燥にかかる時間が少なくてすむ。

kurikoma-20.jpg

 たっぷり見学したあとに、ミュージシャン陣と田中優さんは地元木材の板にサインをさせてもらい、バスで東京へ。帰りもいろいろと情報交換が出来て良かった。このツアーの模様は主催した天然住宅バンクのサイトでも(大貫さん、高森くんとのライブの画像もありますよ)。ただいま「仮設じゃない復興住宅」のプロジェクトなどを行っています。

Date
Title

きこえる・シンポジム 2010夏 in高尾山 レポート

 去る7/10、今夏の「きこえる・シンポジウム」は、ガイドの坂田昌子さん(虔十の会)とまわる高尾山エコハイク。申し込んでくれた皆さん24名、スタッフを含めると30名余りで午前10時に出発!

sympo10s-takaosan1.jpg

 連日の梅雨空だったのが、この日はびっくりするくらいに回復して晴天。坂田さんが当初「雨上がりがいちばん気持ちいい」と言っていたのを思い出す。天然のミストの涼しさや、湿った土の香りがたまらない。

 高尾山は、1300種にも及ぶ植生が豊富な山。その数はなんとイギリス一国ぶんに相当するという。それらの植物を求めて集まってくる虫はさらに5000種。東京都にありながら、日本でいちばん生物多様性の豊かな山と言われている。

 6号路を選んで登山をし始めると、高い木の幹や岩に苔がびっしりと張り付いているのが目につく。個人的には、昨年夏に行った屋久島がすぐよぎった。高尾山にも何度か登っているけれど、全然気がつかなかったな。よく観察してみれば南の島に少しも劣らない環境に驚く。

 海で言えば、潮目の混合水域。街で言えばニューヨーク。隣り合う木々の種類が違うのだ。林試(林業試験場)の森のような雰囲気もある。

sympo10s-takaosan6.jpg

 苔むした岩の上をアメンボのような細長い足のザトウムシが横切っていく。それを黙って見守るのはカタツムリ。苔の説明をしてくれる坂田さん。

sympo10s-takaosan7.jpg

 ときおり立ち止まっては、みんなを集めて解説してくれる。

 「高尾山は地面が隆起してできた山なので、地層が地面と平行ではなく、縦になっていたりしているのが、岩の模様を見ると分かる。その縦の断層に沿って、『水の道』がたくさん出来ていて、高尾山は水の宝庫」

「地下水は15年前の雨、それが山のなかをくぐって、植物たちに水を与える」

「キノコは森の掃除屋さん、年老いた木から養分を吸い取って土に返す」

「夜は猫が座布団を掴んだようなムササビが飛んでくる、モモンガは似てるけど少し小さい(あの巣からムササビが顔だけ出して寝てた)」

「たくさん生えているシャガという大きな草は根っこが浅く、緑のネットを張って水を浄化している」

「ウグイスは毎年、鳴き声を忘れる、だけど、、、」などなど。

sympo10s-takaosan8.jpg

 川の傍で両耳に手をこんな風に、後ろに向かって広げて当てると、川の音や木のざわめきが何倍にも大きく聞こえる。森は想像以上にいろんな音を立てている。

sympo10s-takaosan5.jpg

 13時半に頂上でみんなでお弁当。そして後半は、地元の人しかほぼ知らないマニアックな裏高尾へ。行きと違い、空いている道をみんなでゆっくりと下山。下りはバネのようにして歩けば膝に負担がないよ〜、とのこと。ちなみに登りで疲れてきたら、上げた足と反対の骨盤を開くようにすると楽。

sympo10s-takaosan4.jpg

 17時近くにツリーハウスに到着! これは日本のツリーハウス作家ではいちばん有名な小林崇さんのアドバイスのもと、坂田さんやそのまわりの人たちが1年がかりで作ったとのこと。渡良瀬エコビレッジに行った時も小林さんの作品があったなぁ。あの「祝島」のびわ茶とおからドーナツで休憩して、生音ライブ。

sympo10s-takaosan3.jpg

 道中、坂田さんが何度も教えてくれたのは、圏央道のトンネル工事のこと。横浜方面から徐々に掘られてはいるが、大量の地下水をミルクセメントで止めながら進むという、海底トンネルと同じ工法で工事は進められ、そのせいで1m2〜7000万円ものお金かかっているとのこと(総額5兆円とも)。そのせいでこの日6号路で横切った「びわ滝」の水も枯れるのでは、と言われている。

 政権交代の際に取り沙汰された八ツ場ダムのように、一転して中止になる可能性もあるし、迂回する代替案もある。でもそれには、地元の人や、署名したり反対運動をするひとりひとりの行動にもかかっている。興味がある人は、虔十の会のホームページを見てみてください。

sympo10s-takaosan2.jpg

 最後には今年の秋、名古屋で行われる生物多様性COP10の話にもなった。7分に1つずつ消えて行く絶滅種。生物多様性の定義の3つ目にもあるように、ある種が生き残るためにある種を根絶やしにしてもいいという法則は原則的にありえない。それは同じ種別でも同じだ。この山のバッタがいなくなっても、ほかの山にバッタがいるから大丈夫、ということは言えないのだ。東京の人口だけいなくなってもほかにも人間がうじゃうじゃいるから大丈夫、なんてこともないように。
 今では「アバター」をはじめ、そういったテーマを秘めた映画も数多くあるが、昨日たまたまジブリの新作「借りぐらしのアリエッティ」を見た。この高尾山ハイクの続きを見たような気がして、何度もドキリとさせられたのだ。

 *みなさんも生物多様性「じぶん条約」を宣言してみましょう。詳しくはこちらをクリック。

Date
Title

きこえる・シンポジウム 09冬@札幌&東京cholon レポート

 19日 札幌は朝、北海道グリーンファンドの小林ユミさんと石狩市の市民風車へ。下の写真は今回このイベントにグリーン電力証書を通じて使用させてもらった「かぜるちゃん」。その横に「かなみちゃん」「かりんぷう」と3基の市民風車が。この風車建設のために出資した人や、電気代の5%をこつこつ寄付している人たちの名前がずらりと書かれている。

sympo09-0.jpg

 ちなみに市民風車とは、自治体や企業が建てた風車とは違い、住民ひとりひとりの出資などによって建てられた風車。自分たちのエネルギーは自分たちで選びたい、という想いが集まって出来たもの。全国の風車は今1500基以上あって、市民風車は11基、そのうち北海道には4基あり、すべて北海道グリーンファンドが関わっている。北海道頓別町にある「はまかぜ」ちゃんは01年に出来た全国で初めての市民風車。

 こんなにでっかい。

sympo09-1.jpg

 昼はcholon札幌店の2階スペースにて参加してくれた皆さんのカレーやパン、ケーキなどを平らげお腹いっぱいに。そして夜のイベントスタート。あいだのトークでは小林さんに自然エネルギーのこと、市民風車のことなどを伺う。小林さん曰く、こんなにみんなが頷いてくれたのは初めてということ。

sympo09-2.jpg

 ラストは恒例の照明やPA機器をシャットダウンした、電気に頼らないライブを。このイベント自体札幌では初めてだったけど、どんどんとお客さんとの距離が近付いて行って、最後は同じ家に住んでいるような気分に。地球の話をしたあとだから、尚更。

sympo09-3.jpg

 24日 クリスマスイブ。cholon代官山店にて。

sympo09-4.jpg

 廣瀬裕子さん、山村光春さんを交えたトークでは、前半は廣瀬さんの著書「できることからはじめています」を中心に自宅でできる身近なエコの話、原子力発電所の問題点など、より大きなテーマで。3回連続参加の山村さんが今回も進行役として大活躍してくれ、今まで以上に頼もしかった。廣瀬さんはほかの場所や自宅でもこういった勉強会を頻繁に開いている。
 続いてエコロジーオンラインの温野まきさんに、HARQUAブログでもおなじみの「おひさまスタイル」や、今回ショップで参加してくれたブロガーさんたちの話も。

 マイカップ持参の人がたくさんいたことに、cholonのオーナー菊地さんも喜んでいた。東京は結果的に終了時間がかなり遅くなってしまい、そのあとの予定があった人はごめんなさい。でもどちらの会場でも、この3倍は話したいことがあった。それだけ逼迫した問題だと思うし、ものを生み出し続けている自分としては、こうやって少しでも世の中に還元したい。

sympo09-6.jpg

 終わった後に廣瀬さんも言っていたけれど、政治や環境の問題をもし今すぐに受け止められなくても、個々のタイミングで本当に切実に感じる時が来たとき、このイベントに参加したことを思い出してくれたら嬉しいと思う。あくまでもきっかけであって、答えは自分のなかで見つけてほしい。僕らのようにあからさまに行動に移すも良し。風当たりは強いけど。

 イベント終了後に記念写真を。

sympo09-5.jpg

(最後の2枚 撮影:十亀雅仁さん)

 イベントのもっと詳しい報告はcholonのjournalページにてどうぞ。ありがたい!

 ご来場のみなさん、本当にありがとうございました。半年に1度のペースなので、また夏に行おうと思ってます。どうかよろしく。

Date
Title

eco検定取得

 去年の末にeco検定というものを受けてみた。誰にも言わなかったが、ひそかに勉強して人生初の検定試験を受けていたのである。はたして結果は、、、

090214eco-kentei.jpg

 よかった、無事に合格していた。ところで「eco検定」という存在を知らない人も多いと思う。全国の商工会議所が06年に立ち上げたばかりで、年に2回行われる。環境系の仕事に付いている人や、企業のCSR担当(環境PRをする部署など)の人たち、そういう方向に進みたい大学生が多く受けるテストなので、専門的な内容が多くて結構難しかった。

 無事に合格すると「eco-people」という称号を与えられ、そのマークを名刺に貼付けてアピールしたり特別な団体に登録して活動を行うことができる。今年は7月と12月に行われるので興味がある人はぜひ受けてみよう。公式テキストが出ているので(載っていない時事問題も少し出る)合格率は意外と高い。

Date
Title

きこえる・シンポジウム 2008 冬

音楽とエコのイベント、「きこえる・シンポジウム 2008 冬」
クリスマスイブの夜の模様をお届けします。

TALK GUEST  
エディター 山村光春さん 
エッセイスト 柳沢小実さん
トークの内容については年明けに簡単な記録を載せようかと検討中。

山村さんの連載するAfternoonTeaのサイトにて、
HARQUAを取り上げてもらいました。

SYMPO_08w_1.jpg

ムービータイム。
太陽光の熱を利用して一年中快適な家づくりを提案する、
OMソーラー株式会社を訪ねて。

SYMPO_08w_2.jpg

HARQUAのライブ。
「Green Cutain House」では、PVで登場したマリオネットを作ってくれた
キノコスパの三島さん、イラストレーターの大木さんによる
「キノコ座」の人形劇とセッション!

SYMPO_08w_3.jpg

HARQUA サポートメンバー
ギター 石本大介 コーラスなど フルカワモモコ

SYMPO_08w_4.jpg

SYMPO_08w_5.jpg

SYMPO_08w_6.jpg

ここからはPV監督須藤中也くんの写真で。

ラストは照明とPAをシャットダウン。
トイピアノと生声で、電気を使わないライブを。

今回も井上竜介くんのキャンドルを使用。
この日出来立ての、クリスマスカラーなキャンドルでした。

SYMPO_08w_7.jpg

SYMPO_08w_8.jpg

Date
Title

アップルストア&お台場メディアージュ

おなじみのアップルストアでHARQUA単独としては初ライブ。

アップルのiTunes Storeにて、
アルバム「HARQUA」を音楽配信で購入できます。

harqua-applestore.jpg

お台場メディアージュでもライブ(2回公演)。
巨大クリスマスツリーの前にて。

harqua-odaiba1.jpg

ここお台場メディアージュも、僕らのCD同様、
そらべあグリーン電力証書によって風力発電の電気を使っています。

ホッキョクグマ「そら」と「べあ」に囲まれながら、
絵本「そらべあ」の読み聞かせ。
Quinkaが読み、その後ろでマリンバ即興BGMを。

harqua-odaiba2.jpg

「そらべあ」のこちらのページでも、イベントレポートが載っています。

Date
Title

毎日新聞社にて&はままつ映画祭

毎日新聞社にて
「普通の人の連続エコ講座 スペシャルトークセッション」に参加し、
翌日の毎日新聞(東京版)にも写真付きで掲載されました。

(株)OMソーラー協会の、太陽の光を太陽光発電としてだけではなく、
空気の流れとしてとらえて、その「熱」をできるだけ有効活用する、という姿勢には
感銘をうけました。今度、浜松にある施設「地球のたまご」にも
遊びにいってみようかと思います。

ecotalk-mainichi081113.jpg

浜松といえば、11/21に参加するはままつ映画祭2008。
ライブ、トークセッション、映画など、という流れなので、
ライブはerimban with HARCO、HARCOと合わせて45分ほどになります。

そのあとの映画「めぐる」ですが、
監督 石井かほりさんからのメールによると、
アメリカのHot Springs Documenray Film Festivalに招待上映され、
主人公の木版染め職人・藤本義和さんが
平成20年度東京都優秀技能者賞に選ばれたということ。

ライブ同様、映画もどうか楽しみにしてもらえたらと思います。

Date
Title

エコツアー

人生初エコツアー。
きこえる・シンポジウムの取材でおなじみの、栃木県にある
渡良瀬エコヴィレッジにて。
まず、日本では珍しい和綿の畑でオーガニックコットン摘み。

初夏に訪れた時はまだ芽が少し出ているだけだったのに、
すっかり立派な畑になっています。

watarase08092.jpg

そのあとは芋掘り。幼稚園のとき以来です。
子供たちに交じって奮闘。

watarase08094.jpg

栗ごはんなどのおいしいお昼ご飯をはさんで、午後は小雨の中、稲刈り。
今はコンバインによる機械がほとんどですが、鎌を持って手作業でやりました。

最近よくつるんでいるニーネの大塚くんと。
僕は次の日一日じゅう筋肉痛だったけど、どうだったかなぁ。

watarase08091.jpg

いろんな指導をしてくれた、渡良瀬エコヴィレッジ代表
町田武士さんの著書「やまずめぐる」を帰って読みました。

予想以上に町田さんの壮絶な半生がかなりの読み応え。
ただ自分が徹底するだけじゃなくて、みんなと共有しようするところが共感持てます。

Date
Title

きこえる・シンポジウム 2008 夏

ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。
結果的にはタイムテーブルより伸びてしまいましたが、
夜遅くまで、熱く盛り上がりました。

sympo08s_candle.jpg

live : Quinka,with a Yawn

sympo08s_quinka.jpg

live : 木村ひさし

sympo08s_kimura.jpg

live : advantage Lucy

sympo08s_lucy.jpg

live : HARCO

sympo08s_harco.jpg

live : ラスト=キャンドルナイトを合唱。

sympo08s_session.jpg

エコロジーオンライン代表/上岡裕さんには、
ホッキョクグマやグリーン電力についての話のほか、
「そらべあ」のアニメも放映してくれました。

sympo08s_talk.jpg

テーブルを彩る、井上竜介さんのキャンドルアート。
ジャズクラブのような贅沢な雰囲気。

sympo08s_eight2.jpg

sympo08s_duo.jpg

夏野菜カレーやショコラパフェなどのスイーツも用意してくれた
Cafe Eight

sympo08s_eight.jpg

奥まゆみさんによる、巨大なしろくまの絵(絶滅危惧種動物として)。
彼女のダイアリーには、さらに奇麗な会場や絵の写真が載っています。

sympo08s_shirokuma.jpg

会場で流した映像は、後日youtubeなどを使ってアップするつもりなので、
楽しみにしていてください。


Date
Title

さやえんどう

今年のはじめ頃に種をまいたさやえんどうが、
ようやく最近、実をつけ始めました。
ひとつの茎だけでもかなりの量、まだまだ空まで伸びそうな勢いです

sayaendou080430.jpg

先日、金沢まで友人の結婚式に行ってきました。
場所は金沢21世紀美術館のカフェ。
念願のこの場所でのライブが、不思議な形で叶ってしまいました。

kanazawa080430.jpg

そういえば昨日のadvantage Lucyのワンマンライブ、とても良かったです。
新曲も良かったし、なんだか勢いづいているなぁ。
笹井くんドラムも良かった。

その会場となった下北沢CLUB Queでの、
PLATONとのツーマンライブが迫ってきました。
笹井くん/須藤くんとの久々のピアノトリオで、
レア曲からいつものナンバーまで、たっぷりお届けします。
来れそうな方はぜひ。





calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links


web design by drop around