Date
Title

2012年10月の日記

 シーナアキコ、イトケンとのHARCOトリオライブを2回。そして武蔵野美術大学でのカジくん&ジョーくんとのライブ。GOINGの九州遠征もあり。あとはほぼ「らくごえいが」の音楽づくりに没頭した10月。映画の仕事は11月いっぱいまで続いた。

10/1 今日から手帳を新しくして新鮮な気分。といっても今日は帰るだけ。大阪のカジくんライブからの電車移動。新幹線で移動し、夕方、車移動の機材車に我が家に来てもらい、機材をおろす。夜はgooの原稿を。

10/2 HARCOリハーサル。ベースのイトケンと、マリンバのシーナアキコさんと。明日の曲間のSEのために、久しぶりに街の音を野外録音。帰って編集。

10/3 HARCOライブ@代官山・晴れたら空に豆まいて。良いライブだったと思う。対バンはベベチオ、山田稔明くん。今日は、この日のタイトル「ハジケる旋律」を以前から何度も企画していた、ライター角野恵津子さんの2年目の命日。

10/4 昼、年末のきこえる・シンポジウムにゲストとして出てくださる、warmerwarmer高橋一也さんのお店、「OrganDo+W 種+食+農の研究所」へ。一日限定10色の、古来種の野菜をふんだんに使ったお料理をいただく。その夜、映画「モンサントの不自然な食べもの」を渋谷で見る。今日は種についての勉強をたくさんした。



10/5 庶務をいろいろ。整骨院へ。以前ひねった足首の靭帯が、また少し痛むので。夕方から映画音楽づくりを再開。

10/6 映画音楽づくり。

10/7 映画音楽づくり。夜はカジくんにおすすめしてもらった映画「man on the moon」を見る。このごろジムキャリーの隠された名作をよく見ている。

10/8 映画音楽作り。

10/9 今日も。それとQuinkaのリハーモナイズ(曲のコードをところどころ変える)を手伝う。

10/10 映画音楽作り。20シーンくらい、修正も含めて一通り出来上がり、3人の監督にデモを送信。

10/11 朝、ピアノの調律をしてもらう。あとはひたすらGOINGの練習。

10/12 GOINGの車での長時間移動。朝9時にうちから機材を積み、福岡県黒崎市に21時ごろに到着。24時間営業のカウンターのみの定食屋、えびす屋へ。どれもおいしく、だらだら飲んでつい長居してしまう。

10/13 黒崎の商店街をブラブラ。シャッターも目立つが、昔からのお店や再生しようとする動きもあり、こういった街は今全国に多いのでよく見ておこうと思う。マーカスにてライブ。終わったあと、外は様変わりしていて、昭和の夜の街に。治安もかなり悪いとのことで、まわりに迷惑がかからないように慎重に機材を搬出。軽く打ち上がってホテルへ。

10/14 移動。熊本でのライブ。(スマイリー)原島さんが見に来ていて、20年前からお世話になっているので、終わった後の楽屋ですでに飲み会が始まる。そのまま店をいくつか変えて3時近くまで皆と飲む。初日同様、飲み過ぎてしまった。

10/15 朝7時に熊本を出発。家に着いたのは24時なので、17時間のドライブ。その間、前半はずっと寝ていて、中盤少し運転を代わり、後半はgooの原稿を書いていた。東名の集中工事で渋滞ばかり。家に着くとQuinkaレコーディングの搬入とかち合い、夜遅くにゴソゴソ皆で機材を運ぶ。

10/16 この日が37歳の誕生日。twitterやfacebookでのお祝いコメントの量がもの凄く、ひとつひとつ言葉を返せないのが申し訳ないが、嬉しいものである。いろいろと細かい仕事を。

10/17 映画音楽は映像編集待ちなので、今週は少し時間があり、今日はあまり仕事をせずゆっくり過ごす。

10/18 軽く練習など。夜は都内でミーティング。

10/19 HARCOのリハーサル。シーナさん、イトケンと。

10/20 新たな衣装用にシャツとネクタイを買いに行く。髪を切る。夜20時ごろに集合して、愛知県蒲郡市へ移動。25時頃到着。イトケンと相部屋。部屋で軽く飲む。

10/21 朝、「森、道、市場」会場へ出発。リハーサル、本番。森のなかに、もの凄い人の数。5千人くらいいるらしい。メインステージでたくさんの人に見てもらうことが出来、CD販売も長蛇の列。ありがたい。少しゆっくりして、18時ごろ出発。皆を届けて、家に着いたのは夜中の2時か3時ごろ。2日間すべて自分で運転したので、さすがに疲れた。

10/22  朝10時から歌の仕事。声を出すために3〜4時間前には起きるようにしているので、少しだけしか眠れなかった。それでもなんとか声は出た。車を事務所に返却。帰宅して長めの昼寝。夜は少し練習を。

10/23 ムサビ用のHARCOリハーサル。カジくん、ジョーくん、石本くん、シーナさんと。終わって雨のなか、石本くんと中央林間まで車を走らせて「にんにくや」のラーメン。僕は3玉、向こうは5玉!

10/24 軽く練習。わりとのんびりと過ごす。

10/25 映画音楽の手直しを少し。軽く練習。夜はナレーション。今までで一番早く終わり、調子に乗って赤坂で軽くひとり飲み。

10/26 時間をかけて部屋の掃除。環境goo原稿。夜は再び皆でスタジオリハーサル。24時に終了。

10/27 友人の結婚式。昼から2曲熱唱。そして武蔵野美術大学へ、「HARCO+カジヒデキ+河野丈洋」ライブ。ここでは11曲の歌と演奏。野外のため寒かったり風が強かったりで大変だったが、そんななかたくさんの人が見てくれて、かなり盛り上がった。
(MCでも言いましたが、この日の模様と春に配信した3曲を集めてCDにしようと思います。リリースの時期はまた追って!)

10/28 細かい仕事、gooの原稿まとめ。近所の温泉に。夜はなかなか寝付けず(いつもそうだがこの日はとくに)、一度見た映画を見たり本を読んだり。

10/29 映画音楽づくり。夜は自分でいろいろ料理してみる。うちは炊飯器がないのだが、釜でおいしく炊くのを自分でも出来るようになったので、料理全体も楽しくなってきた。

10/30 朝からスタジオでの歌仕事。無理に早起きしたせいか、少し風邪っぽい。あたたかいものを食べ、帰って身体を休める。夜はまた料理。いろいろ凝ってみる。

10/31 映画音楽づくり。夜はビーフシチューなどを作る。下ごしらえしたスネ肉などををコトコト煮込む。おいしく出来た。

 さてさて、ふいに始めた日記は今回で最後にします。それと現在、以前のハルコレート内のブログへ、お引越し準備中です。そこでまた、お会いしましょう。

Date
Title

2012年9月の日記

 映画音楽づくりがスタートした9月。「ぐるぐる回る 2012」出演。堀下さんやGOING、終盤はカジくんのライブ・サポート。

9/1 世田谷区の巣巣でのライブ。Quinkaとの対バン。

9/2 原稿を書く。夜は今作っている映画のテイストに似たコメディ映画を見て、音楽についての勉強を。

9/3 今日から映画音楽デモづくり再スタート。一日みっちり

9/4 一日中、映画音楽づくり。

9/5 今日も映画音楽。夕方からGOINGの音作りや練習。久々に自分の新曲も作ってみるが、パッとしない。

9/6 GOINGのリハーサルなど。

9/7 一日中、映画音楽づくり。

9/8 かなりの量ができたので、まとめて3人の監督に送る。夜はTVK開局40周年のイベントに素生くんのサポートで生出演。

9/9 朝4時に家を出て、GOINGサポートで栃木県真岡市でのベリテンライブという大きなフェスへ。出番が一番目なのでかなり早めにリハーサルするために、会場に7時前には到着。まだスタッフもほとんどいなかった。11時からのライブは約1万人を前に、いつも以上に盛り上がる。神戸で最近友達になった19歳の青年が、東京旅行を兼ねて会いに来てくれたので、バックステージへ案内。午後はほとんど彼と二人で過ごす。イナゴが飛び交っている、まだ暑いけど気持ちのいい秋の午後だった。

9/10 朝は家のことを細々と。午後は少し練習。夜は堀下さゆりさんのリハーサル、機材を積んで都内へ。

9/11 以前会いに行った、南三陸ミシン工房のお母さんたちが作った「あんたもがんばっし!! Bag」が渋谷ロフトで展開されているので買いに行く。そのあとミーティング。夜は甥っ子に会いに行く。

9/12 甥っ子などと過ごし、帰宅。あれこれ仕事。

9/13 環境gooの原稿を2回分を1日かけて書く。

9/14 昼は近所の石本君宅で、映画音楽のギターを弾いてもらう。まだデモだけど、「西部劇に出てきそうな渋い感じのエレキギター1本での演奏」なんて、僕にはデモさえも作れない。都内に出てミーティング。そのあと初めて反原発デモに。

9/15 「ぐるぐる回る」のひとりリハーサル

9/16 フェス「ぐるぐる回る」出演。埼玉スタジアムのコンコースにて。つまりグラウンドは使わない(使用料が高いらしい)。面白いシチュエーション。イベントタイトルにかけて、オープンリールや風車の置物を持参。みんなぐるぐる回る。



9/17 昼間はゆっくりオフを過ごす。その後、QuinkaやHARQUAでギターを弾いてくれているフタキダイスケくんの結婚パーティへ。懐かしいミュージシャン友達にたくさん会う。

9/18 映画音楽づくり。夕方、今度また授業をやる東京工芸大の橋本さんに自宅に来てもらう。打ち合わせがてら、スタジオの調整を。機材のことにとても詳しいので、たくさん相談に乗ってもらった。

9/19 都内でHARQUAのリハーサル。帰宅して自分のリハーサルも。

9/20 HARCOライブ@吉祥寺スターパインズカフェ。阿部芙蓉美さん、高橋徹也さんと。いつもと趣向を変えて、ライブの半分はピアノのインストに。打ち上げがなかったので心細くなり、ハーモニカ横丁で一人呑み。初めて会ったカウンターのお姉さんに、今日のライブの報告。

9/21 堀下さんのリハーサルなど。

9/22 堀下さん10周年ワンマンライブ。マウントレイニアホールにて。

9/23 HARQUAとして山形県長井市での「ぼくらの文楽」に出演。Quinka、フタキくんは昨日の夜から現地入りして、新幹線で合流した。雨が降るなか、いろんな人がちゃんと見てくれて嬉しかった。終わって少し会場を散策。寒かったが、まかないの温かいうどんが嬉しい。帰りは長旅なので早めに会場をあとにする。深夜1時頃帰宅。

9/24 衣替えの前に、着なくなった服をダンシャリ。午後はカジ君の練習など。

9/25 カジくんリハーサル。久しぶりにバンドの皆とも再会。帰宅して夜はGOINGの予習。シンセサイザーの調子が悪くなり、違うものに変えることにする。そのせいで音作りが終わらない。

9/26 朝から昨晩の続き。午後、埼玉県の越谷へ。GOINGライブ。対バンはtelephones。

9/27 カジくんのリハーサル。その後、楽器屋で買物。ミーティングを経て、帰宅。明日の授業は初めてひとりですべて喋るので、簡単な原稿を書く。

9/28 東京工芸大での授業。先生が言うのもなんだが、とても楽しかった。今回も3曲歌わせてもらったし。橋本助教と生徒さん何人かで、恒例の厚木ホルモン。おいしかったー。

9/29  朝から飛行機で福岡へ。カジ君の福岡ライブ。リハーサル後の空き時間で、天ぷらの「ひらお」へ。定食を頼んでも、揚げたての具をその都度持って来てくれるので、たまらなくおいしい。ライブはすごく盛り上がった。打ち上げを経て、ホテルへ。

9/30 大阪へ移動。それなのに台風も大阪めがけて直進。いろいろとイベントが中止になるなか、屋外開催のコヤブソニックは決行とのこと。大丈夫?と心配していると、一時中断して近くの屋内会場へ、急遽お客さんごと大移動というニュースが。さすが吉本興業、やることが大胆(僕も一応、契約しているけど)。というわけで舞州アリーナへ。
 即席のステージと、あいだをおいてテレビカメラ。さらに少し離れた客席でお客さんが囲む。まるでビートルズの初来日公演。全体の時間がずれてしまったので、曲数を減らしてしまったのが残念だけど、それでもカジ君は最高のステージング。はじける高校生バンドのようだった。そして噂に聞いていた打ち上げも最高。芸人さんたちのプロ仕事に、笑いすぎて声が涸れてしまった。


Date
Title

2012年8月の日記

 自分のライブ、プロデュース、サポートなどいろいろな8月。後半は暑さも手伝って飲んでばかり。

8/1 プライヴェートいろいろ。少し仕事。

8/2 昼過ぎ、都内スタジオでピアノを弾く仕事。帰りに楽器屋へ寄る。家で練習。

8/3 飛行機で大阪へ。心斎橋ジャニスダイニングで寺前未来さんとのライブ。ゆとりのある席に、おいしそうな食事。僕にとっては普段よりとてもリッチな空間。アンコールで寺前さんに内緒でバーの女の子と合図して、注いでもらったワイングラス片手に歌うというのがそれなりに受けて良かった。寺前さんのサポートが前田和彦さんという知る人ぞ知る有名なキーボーディスト/トラックメイカー。意気投合して二人で二軒目に。

8/4 KONKOSの太一くんがオススメしていたニューライトというお店でセイロンライス(いわゆるカレー)を。買いたいものがあったので中之島のgrafに寄る。新幹線で帰宅。蝦名さんの最終作業がまだ終わらないので、席でMacBookを広げて作業。窓をびゅんびゅん流れる田園風景が気持ちよく、意外とはかどった。そのままエンジニア吉田明広くんの実家へ行き、マンション屋上から花火大会を眺める。吉田君お手製のモヒートが旨い。奮発したらしい高価なラムも良かった。この日からこの夏いっぱい、モヒートのとりこになる。

8/5 蝦名さんのためのひとりレコーディング、最終作業。一日中スタジオにこもる。

8/6 朝から蝦名さんのトラックダウン。大部分はエンジニアさんにおまかせなので、ロビーで環境gooの原稿をひたすら書く。エンジニアの徳毛(とくも)さんに1日2曲頑張ってもらった。深夜すぎに終了。

8/7 GOINGのリハーサル。

8/8 水曜日なので、実家で母と過ごす。夕方、赤坂へ行き、NPO法人Better than today.の情報共有会。メンバーはCM監督の山田エイジさんのほか、区議会議員、デザイナー、プロダクション会社社長、映像分野の人、ネット分野の人など様々で、いつも刺激になる。しかしまだなかなか具体的に協力できていないのがもどかしい。

8/9 車検に出していた車を引き取る。いつもその整備工場に頼むと、驚くほど走りが軽くなる。車は古いので「早く買い替えてください」と毎回言われるのだが、買い替えたくなくなるほど最高のメンテをしてくれるのでつい乗り切ってしまう。その後以前から行ってみたかった、靖国神社の敷地内にある遊就館という戦争資料館へ。しかしボリュームが凄すぎて見切れない、またいずれ来ようと思う。さらに銀座のYAMAHAへ行き、鍵盤を修理に出す。小さなバルで食事をして帰路へ。

8/10 両親と旅行。霧ヶ峰や八島湿原へ。夜、湖畔の花火を山の上から見た。

8/11 二日目。

8/12 浅草で、GOING・ファンクラブライブのサポート。

8/13 この夏は「綾」という近所でも名の知れたうどん屋へよく行く。小ぶりなので、たいてい「ひやひや」(左)となにかもう一品。冷やしブームらしいが、これが自分なりのクールビズ。午後、自分のスタジオの模様替えを半日かけて。



8/14 オムニバス映画「らくごえいが」のミーティング。東京藝大の大学院に在籍する3名の監督が作る映画の音楽を担当することに。それぞれまったく違うジャンルなので大変そうだ。

8/15 オフ。

8/16 千葉QVCマリンフィールドにビーチボーイズのライブへ行く。どこかと思ったら球場の名前が変わっただけだった。ばっちり予習もして来たので、楽しかった。相変わらずブライアンウィルソンには終始、照明によって後光が射している。「神の作りしラジオ」という新曲が、きめ細かいアレンジが施されているせいか、思いのほか一番感動した。ひときわ好きな「KOKOMO」の演奏は少し荒い気がした。でも全体的にはとても良く、とくにセンターボーカルのマイク・ラブの働きぶりにウットリ。40曲近くを2時間弱でまとめたと思う。圧倒された。



8/17 ここ数日、環境gooの原稿のシンポジウムレポートをまとめているが、量が多くなかなか終わらない。夏のだるさも手伝っているか。吉祥寺にライブを見に行き、飲む。

8/18 夜、ボランティアで知り合った人たちとの交流会。いつも勉強になることが多い。そしてワイン、モヒート。

8/19 自宅に川崎会という名のもと、川崎市に住んでる友人が集まる。昼間からワインをしこたま飲む。 このところ、飲み過ぎだ。

8/20 映画音楽のデモづくり。

8/21 この日も。

8/22 日中はオフ。夜、TAKUYAさんの準備。

8/23 TAKUYAさんのリハーサル初日。その前に下北沢のMoonaというカレー屋に。油が少なく、ヘルシーでおいしかった。

8/24 リハーサル二日目。終わって一緒に食事。

8/25 昼、素生くんのリハ。リハの途中から激しい目眩がして、フラフラしながら帰路を進む。こんなことは珍しいので不安になる。行きつけの漢方屋さんで滋養強壮の薬をもらう。

8/26 飛行機で香川県へ、四国最大のフェス、モンスターバッシュへ向かう。目眩は朝方まであったが、やがておさまる。熱帯夜続きで寝不足だったかもしれない。松本素生モンバススペシャルセッションとして、素生くんと二人でアコースティックセットを。バックホーンの山田将司さんと、YO-KINGさんがゲストボーカル。二人とも個人的にとても好きだったので、いい経験になった。終わってGOING事務所の皆と飲む。一番好きな日本酒は四国の「酔鯨」。今日も旨い。

8/27 朝、ホテルのロビー集合10分前に近くのうどん屋に駆け込む。2分で胃におさまる。飛行機とバスで地元に戻り、いつものところで髪を切り、そのまま帰宅せずに事務所へ。レーベルと打ち合わせ。

8/28 ナレーションの仕事。そのあとは映画音楽のミーティング。

8/29 TAKUYAさんリハーサル。終わってTAKUYAさんスタッフも交えて飲む。

8/30 巣巣でのNoNukes展用の作品づくり。

8/31 巣巣へ行き、作品をおさめる。その後下北沢440へ向かい、TAKUYAさんライブ。いつものお客さんが多く、和気あいあいな雰囲気。主にピアノと、スネアドラムも少し叩いた。昔JUDY&MARYのときにバンド同士で仲良くしてもらっていたのだが、その後ROBOTSというTAKUYAさんバンドのドラマーを1年くらい担当していた。それから15年近くまったく会ってなかったのだが、今年の春、熊本で一緒にやることになった。その流れで今日があるのだが、さらに今年の12/6、7に下北沢で、12/9に京都で再び一緒にやる予定なので、気になる方はぜひ。


Date
Title

2012年7月の日記

 カジくんツアーを中心に、こってり濃厚な7月。

7/1 昨夜までの2デイズの疲れが残り、身体が重い。午後からスタジオで歌の仕事。

7/2 自宅まで蝦名恵さんと宍戸留美さんに来てもらって、蝦名さんのプリプロダクション。ひとりでカジくんの練習。日付が変わる間際にジョーくんからGOINGの音データが届き、鍵盤をダビングして深夜にメール。その場の勢いだったがフレーズが幾つか浮かんで、いいアレンジになったと思う。

7/3 カジくんの練習。一通りやることはやったので、機材を車に積んでスタジオへ。メンバーもスタッフも初めて会う人が多いので、緊張している。そのせいかかなり早くスタジオに着いてしまった。24時までリハーサル。良い感じ。皆もいい人そうだ。

7/4 午後からGOINGの日比谷野音用のリハーサル。そのまま同じスタジオでカジくんのリハーサル。計10時間ほど。今さらながら、GOINGとカジくんで機材を完全に分けないと移動が出来ないことに気付く。思い切って新たに鍵盤を購入しないと間に合わない。

7/5 楽器屋の開店と同時に鍵盤を購入。さんざん試し弾きしていたものと違うのを買ったので、店員さんに驚かれる。理由はきちんとあるのだが。段ボールごとスタジオに持ち運び、カジくんリハ。休憩時間に鍵盤を二つ並べて、音色のコピーをする。

7/6 朝、HARCOとしてのライブの練習。いろいろ同時に進んで頭がごちゃごちゃしている。午後からGOINGの新しいスタジオ(ハムスタ)に初めて行って、キーボードのダビング。防音施工はうちのスタジオと同じ会社をジョーくんに紹介したので、内装もどこか似ている。しかしこちらは録音ブースもある。ナカザを送って帰る。

7/7 日比谷野音でGOING企画のSOU FES。行きがけに楽器屋に寄って、新しい鍵盤のケースを引き取る。次第に雨。GOINGの野音はいつもこの時期が多く、ほとんど雨降りだそうだが、今回も。とくにGOINGの時間帯がいちばんの土砂降り。打ち上げは出ずに帰る。

7/8 吉祥寺・曼荼羅でHARCOライブ。南壽あさ子さんの企画で約50分。グランドピアノはたくさんの人が弾いたのであろう、音がかなりへたっていたが、生ピアノはやはり気持ちよい。終電で帰宅するも環境gooの原稿が残っており、空が明るくなるまで資料を調べたりしながらなんとか仕上げる。

7/9 昼、いろいろと庶務を。夜、24時までカジくんのリハ。

7/10 正午からカジくんのゲネプロ。スタジオまで、かんかん照りのなか多摩川沿いを歩く。着いてしばらく、うっすらとした吐き気やだるさが抜けない。軽い日射病か。終わってUstの撮影、積み込み。ベースのダイサクくんと軽く飲もうということになり、スタジオが僕の地元に近かったのでよく行く店に連れて行く。このごろかなり忙しかったのでストレス発散、楽しかった。

7/11 久しぶりのオフ。しかし迫るカジくんツアーの最終準備など、気になることは多く、ちょこまか。

7/12 GOINGライブ@新宿ロフト。なんとスピッツと対バン。この日は途中、ある本の企画のために、僕だけをカメラマンがひたらすら激写、照れる。ドラムのジョーくん遅刻のため、リハーサルではドラムも叩く。空き時間に買物、Quinkaラジオの電話インタビュー。GOINGはラスト、かなり盛り上がる。明日があるのでこの日も早めに帰宅。外は土砂降り。

7/13 朝から飛行機で福岡へ。カジくんツアー初日。本番は、今まで経験したことのないアドレナリン。カジくんの曲はどれもギグやクラブで「あがる」感じをイメージしながら練られていてるせいか。最後の曲になるに連れて、お客さんがこの新しいバンドを受け入れてくれているのが伝わって来て嬉しかった。深夜、カジくんやドラムの太一くんがDJをしているクラブに遊びに。カジくんマネージャー竹田さんがやたらとテキーラを渡してくるが、絶対につぶれるので毎回飲んだふりをし、そばにいる誰かにまわす。3時頃ホテルへ。

7/14 移動日、大阪へ。連載で先日の心斎橋通り魔事件を取り上げたので、その現場付近へ行って手を合わせる。普段からよく通るエリアだけに、ここで、しかも同業の方が被害に遭ったことが残念でならない。夜、NHKで自然エネルギー関連の特番をやっていたので、じっくり見る。

7/15 会場のジャニスでリハを終えた後、インディアンカレーを久しぶりに食べる。本番。カジくんは大阪で以前ラジオをやっていたので、お客さんとの心の距離がとても近い感じがした。1階のジャニスダイニングでアナタキコウがライブをしていたので、ベベチオなど知っている人がたくさんいて、つい楽しくなりいろんなテーブルをふらふら。3週間後に自分もここで歌うのだなぁ、と考えながら。

7/16 名古屋移動。移動中は自分で録った前の日のライブを聴くのが習慣。でもたいがい途中で寝てしまうのだが、この日はずっと聴いていた。おかげでためになったがやや寝不足。リハーサル後に楽屋で仮眠。この日の本番もすごくいい。カジくんは昔この名古屋クアトロでデビューした頃にステージで転び、捻挫で全治2週間ということがあったそうなのだが、なんと今日は2回ステージから落ちた。しかし本人はいたって平気な顔。パンク。打ち上げも楽しかった。

7/17 戻り日。夕方に帰宅。ずっと遠征していたので、たまっていたホームワークを。

7/18 自宅でフタキくんとQuinkaと、きこえる・シンポジウム用のHARQUAのリハ。リビングルームのテーブルを取っ払って、バンドのホームレコーディングの用にゆったりと。なかなか良かった。楽器がやたらと多く、6人分はある。夜は近所の温泉で旅の疲れを癒す。

7/19 作詞作曲編曲プロデュースと完全にまかされている蝦名恵さんのアレンジ。かなり前からプロジェクトは進行しているのだが、なかなか手を付けられずやっと少しだけ作業。それと、GOINGで2曲ほど、キーボードを含めた全体のアレンジを頼んでくれたので、その作業も。しかし1日で4曲のアレンジは無謀だった。夜中3時くらいで切り上げて、送るものは送り、宿題を先に残して寝る。

7/20 ツアー最終日、渋谷クアトロ。リハーサルを終えると、カジくん地元の木更津・バーベキュー弁当が!タレが甘くておいしかった。本番、カジくんは喋ることより楽曲そのものでお客さんを盛り上げていった感じの夜だった。そのぶん僕が喋り過ぎたが。まさに集大成といった感じの、とてもいいライブだったと思う。終わって車に機材を積み込んで帰宅。家でしみじみひとり飲みたいが、明日の準備を急いでまとめる。

7/21 蝦名恵さんのスタジオレコーディング。まずは石本大介くんのギター録り。そのあとは蝦名さんの歌。はじめは緊張しているのか、てんでばらばらな感じ。しかし次第に良くなって来た。終わって地元に戻り、自分の街の夏祭りにぎりぎり間に合う。去年はここで子ども達にジュースを売っていた。また参加したいな。自治会にちょっと顔を出して、明日の準備。

7/22 別のスタジオでピアノを弾く仕事。朝からアップライトピアノ相手に熱くなる。昼過ぎから蝦名さん2曲目の歌REC。リラックスしていて良いテイクが録れる。帰宅して、明日の堀下さゆりさんとのセッションの準備。

7/23 堀下さんとのリハーサル。そのままUst番組「Oii in Life」の会場へ。宍戸さん、蝦名さんなど、昨日までのメンバーにここでまた会う。津田大介さん待ちで遅れてスタート。ライブはとても良く、堀下さんも感情が凄く入っていた。現場のスタッフさんも何人かその場で涙していたらしい。帰宅して原稿。前回に続いて今回も朝までかかって書く。倒れるように眠る。

7/24 起きて原稿の直し。昼過ぎ、両親が来てお茶を。そのあとHARQUAの復習をコツコツ。夜、近所の温泉へ。そこにある食事処で初めてご飯を食べたのだが、居心地がよく味もかなりおいしくてビックリした。ここに一日中いれるな〜。

7/25 フタキくん、Quinkaと自宅でHARQUAのリハ。恒例の、半年に1曲の新曲もまとまってくる。いい感じ。

7/26 ほぼオフ。だらだらして完全に気を抜く。午後、少し練習。夕食どきに近所の実家に顔を出し父と飲む。焼酎に黒糖梅酒を混ぜ、KIRIN FREEで割るのがお気に入りらしい。

7/27 GOINGハムスタへ出向き、鍵盤のダビングを3曲ほど一気に。新しく買った鍵盤類を2台持ち込み、あれこれ弾いてみる。遅くに解散。帰宅して機材を下ろし、今度は明日からの機材を音を立てないようにしながらあれこれ積み込む。そのせいで体が熱く、熱帯夜でもあり眠れない。結局一睡もせずに朝に。

7/28 朝6時に出発。眠いのでQuinkaと交替しながら浜名湖畔のOMソーラーヘ。13時半から「きこえる・シンポジウム」スタート。(この模様はフィールドスケッチ・シェアリングのVol.17Vol.18を。ハンバーグの「さわやか」に寄ってから帰路へ。途中のPAで仮眠すると、すっきりと目が覚めて、そこからは異様なほど心地よい気分で車を走らせることが出来た。ラジオの話題が妙に深い学びのように感じ、なんだか神聖な時間だった。

7/29 きこえる・シンポジウムin東京、下北沢SEED SHIPにて(この模様もフィールドスケッチ・シェアリングで)。シーズンとしてはこれで10回目だが、一度に2回、3回やったこともあるので、数えたら16回だった。これからもコツコツと続けたい。終了後にいつも行く店でスタッフや永田さんと食事。帰宅。

7/30 昨日までの楽器をすべて片付ける。蝦名恵さんの歌のバックトラックがまだ殆ど出来ていないので、あれこれ録音を進める。自分のライブの練習など。

7/31 担当させてもらう2度目の映画音楽があるのだが、その撮影現場に朝からおじゃま。横浜の芸術大学のスタジオへ。カメオ出演というらしいが、エキストラで映り込む。昼過ぎにそこを出て、少し買物をして帰宅。蝦名さんの作業の続きをする。

Date
Title

2012年6月の日記

 金曜日〜月曜日はツアー。火曜日はリハーサル。水木は自分の仕事。この繰り返しの6月。でもたくさん鍛えられたな〜。

6/1 GOINGリハーサル。機材用の金具を東急ハンズに買いに行く。おしゃれな折りたたみ傘を買ったら、傘がゲイラカイトのような異様な形をしていた。どうやら風でも折れないとのこと。二人くらい知人にバッタリ会った。

6/2 一日中、提供用の作曲。

6/3 飛行機で札幌へ。早く着きすぎて駅前で自由行動になり、その合間にイヤフォンを買う。この1ヶ月いろんな店で聴き比べていたのだが、ついに決断。いい音。GOINGライブ、場所は前にHARCOワンマンをしたことのあるCOLONY。変わってない。終わってジンギスカンを皆で食べる。

6/4 飛行機で羽田へ。家に帰らずに都内で久しぶりに買物しながら街をぶらぶら。iPodClassicを購入。大容量だし音楽に特化しているので。昨日のイヤフォンをさして、完璧。ツアーの長時間移動を少しでも良いリスニングルームにしたい。夜、スタジオで歌の仕事。

6/5 GOINGリハーサル。

6/6 朝からナレーションの仕事。5〜6時間前に起きないと100%の声が出ないので、例えば10時からだと4〜5時起きということになり、終わると眠い。午後はわりとゆっくり過ごす。

6/7 環境gooの原稿を書いたり。あと提供用の作曲。なかなかいいのが出来ない。。

6/8 スタジオで歌の仕事、など。

6/9 飛行機で福岡へ。前から行きたかった鯖の「真(まこと)」で鯖定食を。魚のなかで鯖が一番好きだ。生でも焼いても。その後、楽屋の弁当も勿体ないので食べる。夜、GOINGライブ。打ち上げでももちろん食べる。今日は食べ過ぎ。

6/10 広島へ。クアトロでGOING。ツアーで飲むことが増え、胃もたれが気になる。ヘパリーゼや胃の薬によく頼ってしまう。この日は飲みにいくのをやめた。

6/11 朝6時に集合して東京まで車で。ジョーくんはついさっきまでバーで飲んでいたらしく、酔ったままホテルのロビーで独り言を言っていた。午後3時くらいに帰宅して、明日の予習など。

6/12 GOINGリハーサル。

6/13 提供用の作曲をひたすら。夜、フレンチを食べに行く。

6/14 ナレーションの仕事など。楽器屋でシンセを試奏。機材を拡張したいのだが、どれにするかここ1ヶ月迷っている。

6/15 午前中、髪を切る。自分用のリハーサル、予習、作曲などなど。

6/16 朝、出発。GOINGで名古屋クアトロ。打ち上げでちょっと飲み過ぎる。

6/17 金沢へ移動してGOINGライブ。終わっておでんと日本酒。

6/18 飛行機で小松空港から羽田へ。ショートショートフィルムフェスティバルで「京太の放課後」が上映されるので、スクリーンで初めて見て確認したあと、登壇。登壇なんて初めてなのでかなり緊張したが、各国の監督さんなどに混じって音楽について少し答えるだけで終わった。監督やプロデューサーなどと飲む。二次会で外国人監督さんも合流して、なんやかんやと盛り上がる。毎晩かなり飲んでいるなぁ。

6/19 GOINGリハーサル。新曲が多すぎて覚えきれない。台風がひどい。以前間違って買った暴風用の傘が役に立つ。夜、窓がしきりにガタガタ言っていた。とてつもない大男がうちの窓だけ掴んで揺らしているんじゃないかと思う、こういうときいつも。

6/20 自分用のリハーサル。パソコン整理。GOINGの新曲をひらすら練習。

6/21 神戸まで新幹線で。いろんな縁があり、ユースホステルでHARCOとして招待制ライブをした。海外からの旅行者も何人か聴いてくれた。あらためて神戸できちんとライブをしたい。久しぶりに人前で歌ったので気持ちよく、ちょっと飲みすぎた。

6/22 早く起きて、十三の第七藝術劇場という渋い映画館で「RIVER」を見た。その後、GOINGのライブ。梅田に移ったクアトロに初めて行った。リハの途中に機材が少し壊れて、楽器屋へ。一日歩きすぎたのと昨日の疲れもあって、終わってからしんどかった。

6/23 高松へ。この日は新曲だらけのライブ。一曲一曲が崖すれすれを車で走り抜けるような気分でスリルがある。終わって骨付鳥で有名な一鶴(いっかく)へ。ここは前にも来たが、好きだ。ビールが進む。

6/24 戻り日。朝、「うどんバカ一代」へ。ここへ来るのは3回目。帰りの車で、ほとんどずっと寝ていた。帰宅すると数日前に買ったシンセが届いていたので、出来るだけいじって使い方を覚える。gooの原稿も書く。

6/25 カジくんのツアーのための曲を覚えながら、シンセで音を作って行く。音色のセパレートが楽に出来、一台で三種類の音色を簡単に設定して弾ける。単に仕事が増えるだけ?

6/26 GOINGリハーサル。夜はナレーションの仕事。

6/27 カジくんの練習。夜はHARCOスタッフとミーティング。

6/28 カジくんの練習。全体のアレンジやコーラスワークについてのとても親切なメールが本人から届く。曲目やスコアもかなり前から来ていたし、準備がよくサポートする側としては有り難い。GOINGとは大違いである(苦笑、、、)。

6/29 GOINGライブ@下北沢251、一日目。かなり盛り上がる。

6/30 GOINGライブ@下北沢251、二日目。この日も盛り上がり、アンコールを何度も。毎回曲目が違う、マニアックなツアー、終了! 僕もそうだし、皆かなり鍛えられたのでは。今後の糧になれば良い。

Date
Title

2012年5月の日記

 堀下さゆりさんのアルバムの仕上げから始まり、GOINGのツアーがスタートした5月。

5/1 GOINGのリハーサルなど。

5/2 GOINGのリハーサルなど。

5/3 堀下さゆりさんの居残りレコーディング。シーナアキコ宅へ、うちから貸しているマリンバを出張レコーディング。

5/4 自宅スタジオにて、昼間は堀下さんの曲達をブラッシュアップ、夕方からはヴィオラの田中景子さんレコーディング。ずっと前から飲もうと言っていたのだが、この日もかなり遅くまで録音。地元の店に駆け込んで終電まで1時間盛り上がる。

5/5 堀下さんのレコーディング、仕上げ作業。エンジニア吉田明広くんに少しずつデータを送る。歌の練習と作曲。夜は下北沢CLUB Queスタッフの結婚パーティ。緊張をほぐそうと、歌うまでにちょっと飲み過ぎてしまった。

5/6 エンジニア吉田くん宅のスタジオにて、堀下さんトラックダウン初日。一気に3曲をミックス。良い感じ。

5/7 昼、スタジオでマリンバを叩く仕事。吉田くん宅へ移動して堀下さんトラックダウン二日目、というか最終日。深夜までかかり、6曲を仕上げる!吉田くん頑張った。

5/8 GOINGリハーサル。

5/9 吉田くん宅にて堀下さんマスタリング。満足いく内容にするため、トラックダウンの直しも何曲か行う、入念に。そんなこともあり、早く終わると思ったがこの日も深夜まで。ついに完成。他アーティストのアルバムまるまるプロデュースは初めて。よい経験をさせてもらって、堀下さんありがとう。

5/10 1ヶ月ちょっとかかった堀下さんプロジェクトが終わると同時に、GOINGのツアーサポート開始!初日@千葉。今回のツアーは内容が毎回違うというハードな内容。コアなお客さんには、一段と満足感あり。で、この日はボーカル素生くんセレクト。

5/11 環境gooの原稿を書いたり、いろいろ。

5/12 GOINGライブ@水戸。ギターのナカザセレクト。アゲアゲな曲が多く、オルガン多用。スタジオ仕事続きからツアーという流れで体にガタが来ていて、肩凝りがひどい。塗ってスーッとするものを何度も塗った。栄養剤にもつい手が出る。

5/13 映像監督・須藤中也くんの個人事務所にて、HARCO+カジヒデキ+河野丈洋 (GOING UNDER GROUND)名義で発表した3曲のダイジェスト映像編集に立ち会う。レコーディング音源を、テンポの違うライブの映像に合わせるのが大変。スタジオの鳩時計が30分おきにポッポと鳴って、和む。これを聞いて窓に鳩が寄ってくるらしい。

5/14 GOINGのリハーサル。その後、事務所で打ち合わせ。

5/15 GOINGのリハーサル。CM監督のカジワラノリコさんを交えて定例の食事会。アヒルストアという、渋谷のパリ風な立ち飲み屋へ。ビオワインやハード系のパン各種。1ヶ月前から予約がいっぱいなくらいの人気。最後に飲んだブランデーが効いて(なんで飲んだんだろう)、これでもかというくらい酔う。酔ってスマホを渋谷の街に落とす!

5/16 極度の二日酔い。そしてスマホがない。いろんなところに電話をして探すが見つからない。携帯をなくしたこともあったが、仕事でも使うスマホをなくしたショックは大きく、何も手に付かない、、、。夕方から打ち合わせ。そのあとダメもとで渋谷の駅前交番に行くと、届け出があった!わー。どなたか知らないが、感謝。堀下さんのライブを見に行く。

5/17 渋谷警察にスマホを引き取りに。無事でなにより。GOINGライブ@横浜。ドラムのジョーくんセレクトなので、ほんわかした曲が多い。終わって中華街で食べようと思ったが帰り、結局地元で中華を。

5/18 自宅でリハーサル。夜、受賞パーティへ。ナレーションで参加したあるコマーシャルで、新人コピーライターとしては最も栄誉のある賞を同い年のコピーライターさんが受賞。お祝いとして歌わせてもらった。今年になって、同い年のクリエイターやお店の店主など、仕事で出会うことが多い。

5/19 GOINGライブ@高崎。ベースのいっさんセレクト。朝、GOINGの事務所に車で行ってからメンバー車に乗り継いで、また事務所に帰って来て深夜に車で帰宅、というのがパターン。だからライブが終わってもたいていシラフなのだが、いろいろ考え事が出来てそれはそれで楽しい。

5/20 提供用の作曲。夜、妻・Quinkaのライブを見に行く。Quinkaは今年で10周年。出会った頃はまだ始めていなかったので、時が経つのは早いものだ。

5/21 久しぶりにのんびり。文章を書いたり。

5/22 GOINGリハーサル。このごろ「北の国から」を1話から見ている。王道を食わず嫌いしてしまうタチで、今まで見たことがなかったのだがやはり気になっていた。ストーリーと関係のないところでも演技のディティールがとても良く、それが長年の人気の秘密かなと思う。

5/23 Quinkaと静岡旅行。このことはどこかで書くつもり。三島、沼津を経由して、夜は浜松できこえる・シンポジウムの打ち合わせ。

5/24 静岡旅行二日目。掛川のねむの木こども美術館、静岡市など。甲斐みのりさんの「静岡百景」もかなり参考に。

5/25 代官山から蔵前に引越途中のcholonに立ち寄り、使わなくなった音楽機材を幾つか引き取らせてもらう。事務所で打ち合わせひとつ。寒気がして喉が痛いけど、朝からあまり食べていないせいか。なんとかこらえたい。

5/26 GOINGライブ@仙台。関東が続いたので、急に遠くに行く感じが不思議。この日は一番初期の曲を多くセレクト。見えない機材を一新した。つまり楽器を繋ぐ音のケーブルや電源ケーブルを、高品質なものに。それなりに高価ではあるが、一生使うことを考えての自己投資。

5/27 GOINGライブ@宇都宮。また関東に戻って来た。天気が良く暑いが、ぎりぎりまだ春といった感じ。二日連続、さすがに少し腰に来た。

5/28 朝、スタジオで歌の仕事。よく行くマッサージに行ってほぐしてもらう。帰宅して環境gooの原稿を書いたり、GOINGの予習をしたり。

5/29 GOINGリハーサル。カバー曲が多くて楽しい。夜はスタジオで別の歌入れ仕事。

5/30 昼まで自宅で作曲の仕事。夜はGOINGライブ@下北沢440。トークコーナーあり、カバー曲も多めの恒例の企画。ゲストは仲井戸"CHABO”麗一さんで昨年の別イベントに引き続き二度目の共演。しかも今回は「雨上がりの夜空に」など4曲ほど一緒にセッションできて嬉しかった。

5/31 朝、頑張って起きて作曲仕事の続き&送信。眠いので昼寝。GOING予習。ジム=ジャームッシュの映画を久しぶりに見返す。

Date
Title

2012年4月の日記

 初めての映画音楽、初めてのアルバムプロデュース、15周年を飾る「春フェス」。この3つをひたすら頑張った4月。

4/1 GOING×メレンゲ、広島クアトロでのライブを終えてツアー全行程終了。終わってお好み焼き屋で盛り上がる。いつもより多めに飲んで、珍しく締めのラーメンも食べた。

4/2 車(ワゴンバス)で一日かけて戻る。

4/3 旅の疲れを癒しつつ、ショートフィルム「京太の放課後」サウンドトラックのデモ制作を少しずつ始める。

4/4 昨日の続き。一旦デモを提出。

4/5 プロデュースさせてもらうことになった、堀下さゆりさんのレコーディング開始。まずは自宅でプリプロダクション。イメージを話し合う。

4/6 堀下さんプリプロ二日目。スネアドラムを自分で叩いて録音。マイクの位置を変えたりして時間をかける。

4/7 午後から映画の大川五月監督と自宅で打ち合わせ。夜は堀下さんのアレンジ。

4/8 桜が奇麗なので、昔住んでいた中目黒の目黒川沿いに行ってみると、人でごった返して全然進めない。いつも買うネクタイ屋さんで春らしいものをひとつ購入。夜は池袋にて、堀下さんのライブを初めて見る。

4/9 映画の作曲仕事。ほかに原稿を書いたり。夕方は須藤中也くんと映像の打ち合わせ。

4/10 自宅にて堀下さんプリプロ。自宅前の公園にシートを広げて一緒に花見をする。夕方からベーシストのイトケンに来てもらって2曲レコーディング。

4/11 遅く起きて作曲を少し。夕方から日曜喫茶のカズさんと東京ドームへ野球を見に行く。なかなか良い席。開幕から低迷の巨人が、村田の今季チーム初本塁打などもあり久しぶりの勝利。連れて行ってもらった水道橋のアンチヘブリガンというバーが素敵だった。

4/12 石本大介くん宅にて、堀下さんアルバムのギターレコーディング。1曲をじっくりと。帰宅してアレンジ作業。

4/13 堀下さんプリプロ。アルバムの全体像が見えて来た。

4/14 監督に来てもらって映画音楽を煮詰める。

4/15 春フェスの準備など。

4/16 HARCOの春フェス用のリハ。カジくん、ジョーくん、石本くん、シーナアキコさんと。かなり良い感じ。

4/17 代々木のスタジオで、堀下さんのスタジオレコーディング一日目。ドラム入倉リョウくん、ベース吉池千秋さん、ギター目木とーるさん、エンジニア吉田明広くん。目木さんとは15年ぶりの再会。

4/18 スタジオレコーディング二日目。この日はギター石本くん。2曲録る。昨日も今日も、プロデュースの僕は段取りを仕切ったり意見を言うだけで、何も弾いてないし歌ってない。なんだか新鮮。

4/19 早起きして少し予習。昼はHARCOリハーサル。夕方からカジくんライブの手伝いのリハをカジくんと。

4/20 GOINGのリハーサル。夜はいろいろアレンジの仕事。

4/21 朝、監督に自宅に来てもらって詰めの打ち合わせ。午後から映画用にマリンバ大橋エリちゃんと、ギター後藤郁夫さん夫妻のレコーディングを二人の自宅にて。終了したのは25時近く。「京太の映画」はこの二人のこの日の演奏が大部分を占めていて、すっかりお世話になった。
MARICOVERを思い出す。

4/22 翌日の春フェスのためにとことん準備。

4/23 渋谷duoにて「HARCOの春フェス」開催!高円寺のヴィーガンカフェ「meunota」にハルベジ白カレーを、dan la natureにスイーツを担当してもらう。DJはエレキベース坂本くん、すごく良かった。ライブはカジくん、GOING、HARCOの順。すべてに出演した。ラストのセッションでは全員にタンバリンを叩いてもらい「世界でいちばん〜」を。ややシュールながらも非常にハートフルなエンディングに。打ち上げも大人数で盛り上がる。HARCO&METRO倉田さんの車に乗せてもらって、帰ったのは深夜3時頃。

4/24 午後から映画音楽のダビングを自宅で監督に立ち会ってもらいながら。監督は40度近い熱が出たそうで、僕もライブ疲れて弱っているので、お互いマスクをしながらアウトブレイクのようなレコーディング。そろそろ仕上げにかかる。

4/25 朝から北参道のストロボカフェで堀下さんのピアノレコーディング。たくさんの機材を持ち込んでくれたエンジニア吉田くん。15時ごろから映画音楽のミックスをエンジニア廣瀬さん宅で。電車のあるうちになんとか終わる。廣瀬さん宅で、完成を喜びながら皆で夕食。

4/26 自宅でダビング作業、午後から吉田くん宅にて堀下さんの歌レコーディング。

4/27 自宅で堀下さんと共にダビング作業。グロッケンやオルガン、コーラスを録ったり、いろんな効果音を録ったり。

4/28 吉田くん宅にて歌のレコーディング。今日は一気に2曲。

4/29 吉田くん宅にて石島大輔さんのクラリネット&フルートレコーディング。うどん屋で休憩。そのあと堀下さんの歌も1曲録る。

4/30 自宅にて堀下さんアルバムのダビング&編集作業。斬新なブラッシュアップのために、大胆に編集で尺を変えたりしてみる。

Date
Title

寺門孝之さん宅にて

画家の寺門孝之さんとここ数年仲良くさせてもらっています。
町田康さんの本の装丁や、穂村弘さんとのコラボ本など、
さまざまなアートシーンで活躍しています。

今も神戸の大学と東京を行き来する寺門さんは、ドライブ中にFM802から流れてきた"Night Hike"を聴いて好きになってくれたんだとか。ワインと寺門さん直々に焼いてくれたステーキですっかりいい気分に。

w-terakadosan08-1.jpg

表参道に寺門孝之ミュージアムがこの夏オープン。
LEMON TREEというアクセサリーショップの4〜5Fにあります。
カウパレード東京丸の内2008 ↓ にも参加しているそう。
オフィシャルサイトはこちら

terakadosan-cow1.jpg

Date
Title

ここ3週間のできごと

8月の終わり、またもや長野へ。
旅の帰りに寄ったのは、以前から行ってみたかった上田市の無言館。
第二次大戦で亡くなった画学生の絵がたくさん飾られています。

mugonkan.jpg

最近、大橋エリちゃんから中古のマリンバを購入したので、
さっそく狭い作業部屋に押し込んでレコーディングしてみました。

marimba4.jpg

そのエリちゃんとのユニットerimba with HARCOでゲートシティ大崎にてライブ。
サラリーマンやOLの皆さんの時間に合わせて、昼と夜。

erimba-gatecity.jpg

翌9/12は種ともこさんとのピアノ弾き語りライブ。

080911-7thfloor.jpg

うちの庭では、朝顔が。
いつも朝寝坊なので、咲いているのに気が付かなかったけど、
それを知って知らずか、隣の家に向かって咲くところがなんとも憎い。

asagao08s.jpg

CMの仕事で、戦前のアップライトピアノを。

080914-PIANO.jpg

瀬戸内海、大津島在住の陶芸家、吉田次朗くんが泊まりにきたので、
吉田くんのお皿でラムチョップを。

yoshida-dish1.jpg

吉田くんのお皿と巨峰。

yoshida-dish2.jpg

Date
Title

旅する日々

ここ最近、いろんなところに出かけています。

キマタツトムくんと蕎麦粒(そばつぶ)山へ。
名前が好きで、ずっと気になってました。
奥多摩駅からバスで、登山口へ行けます。

sobatsubuyama1.jpg

奥まゆみさんとのCDに、
なぜかここの登山道の案内を朗読したのが入っています。

不穏な霧。

sobatsubuyama2.jpg

北海道、ふらの/美瑛へ。
自転車で麦畑やじゃがいも畑の丘を駆けめぐりました。

furano3.jpg

JAMES TAYLORの歌が似合ってた、ries cafe。
furano1.jpg

旭山動物園では、すべての飼育員の解説で、
絶滅危惧種のことを訴えていました。

furano2.jpg

きこえる・シンポジウムの映像用に、
Quinka,with a Yawnと
栃木県の渡良瀬エコヴィレッジにおじゃましました。

オーガニックコットンの綿くり、つまり綿と種を分ける作業に挑戦。
(僕は不器用なためか、まったく進んでいないの図 ↓ )

watarase2.jpg

あの小林崇さん制作のツリーハウス!

watarase1.jpg

おなじくシンポジウム用に、風車の旅。
今回は関東地方でいちばん風力発電の多い場所へ。

茨城県神栖市の海岸。

chibaragi-windmill1.jpg

千葉県銚子市の丘のうえ。

chibaragi-windmill2.jpg

6/8のオオヤユウスケくんイベント、
ハナレグミも飛び入りし、
とても楽しくて、大事なイベントでした。

みなさん、時間がもしできたら、
稲城市のみなみやまの森へ、出かけてみてください。
東京の87ヘクタールの森を、なんとか守りたいものです。





calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links


web design by drop around